覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 23日

過去問のツボ押し~傷害保険~

2017年1月2級学科試験より
d0334173_14324265.gif

 傷害保険に関する出題は大きく3つの柱で対応します。

 
 家族傷害保険のツボ
 ・被保険者には別居未婚の子も含まれる。
 ・保険料は同一

 家族傷害保険の「家族」の範囲は「本人、配偶者、生計を共にする同居親族」が原則線ですが、生計を共にする(親に扶養されている)子がいて別居していても未婚であれば家族の範囲に入れるとしています。出題の多くはここを突いてきます。また保険料が同一なのは、家族全体として契約する保険であり、家族の人数と傷害の発生件数は必ずしも比例しないからです。


 普通傷害保険のツボ
 ・国内外を問わない日常生活
 突然のケガが対象
 ・保険料は原則同一


 「仕事(就業)中」とか「旅行中」、「海外出張中」などの惑わす言葉があっても、通常の生活をしている場面はすべて日常生活です。それよりも保障内容がポイントになります。
 傷害保険はあくまで突然起こるケガなので問題文の中に「~によるケガ」の記述がなければまず対象外と判断してかまいません。そうでない場合は事故や過失が原因のものかどうかで判断すると分かりやすいでしょう。例えば「やけど」は何の前触れもなく過失で被るものなので保険の対象になりますが、「靴ずれ」は慣れない靴を継続的に履いていて起こるものなので突然の傷害(ケガ)とは言えないため対象外になるわけです。また、「熱中症」「心臓マヒ」といったものも登場することもありますが、明らかに「ケガ」ではないので、巧みな問題文の語り口に乗せられないようにしましょう。
 保険料については職業の危険度によって異なるのですが、検定では原則同一として考えればよいものがほとんどです。


 国内旅行傷害保険のツボ
 ・国内旅行中のみ
 ・「地震」によるものは対象外

 文中に「地震」が出てくれば、その時点で対象外と判断してかまいません。また読み流し可ですが、国内旅行とは行程に海外移動を含まない日本国内移動のみの旅行を指します。

 以上3種類の保険について整理しておけば、傷害保険に関する出題には対処できるようになります。この問題はその3種類の保険について知識のアウトプットができる良問です。交通事故傷害保険は学習の「対象外」です。(正解:1.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

# by fp2-kojiro | 2017-11-23 14:53 | 過去問のツボ押し | Comments(0)