人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

過去問のツボ押し~ファイナンシャル・プランニング・プロセス~

2017年1月2級実技試験(資産設計提案業務)より
d0334173_11590271.gif
 ファイナンシャル・プランニング・プロセスには6つの手順を踏むこととされています。

 ①顧客との関係確立
 ②顧客の現状や希望目的等の情報を聞き取る(ヒアリング)。
 ③顧客の情報を基に、現状の問題点を分析する。
 ④問題点に対する対策やプランを提案する。
 ⑤プランの実行を支援する。
 ⑥定期的にプランの見直しを行う。

素直に6つのプロセスを覚えてしまっても構いませんが、いざ本番で出題されると6つの文を読んでいるうちに惑わされて足を踏み外すことも少なくありません。出題時にはほとんど決まった形で登場しますから、ちょっとしたコツで着実に点を獲得するようにしましょう。

 チェック1:「顧客との関係確立」をまず押さえる。

ファイナンシャル・プランニング・プロセスについて詳しく言及されているテキストは少なく、プロセスの②から⑤を簡単に記載するに止まるものがほとんどです。ですので、問題文中(ウ)がどこに位置するのかで戸惑うと、誤答を選ぶ羽目に合います。

 チェック2:「プランの実行」→「見直し」の流れをつかむ。

プランの実行は最終段階ですが、「実行がなければ見直すことはできない」と理解しておけば最後の2段階は容易にチェック完了できます。

 あとは残り3つの手順を並び替えればよいのです。ずいぶん考えやすくなりましたから落ち着いて「聞き取り」→「分析」→「提案」といった自然な流れをつかめばこの問題は終わりです。

 (正解:ア)

 2級の実技試験はとにかく時間との闘いです。思わぬところでつまづくと、答えることのできる問題に影響し苦汁をなめることになります。無駄な時間を少しでも減らすには、決まったパターンの出題に対する対処力を身につけておくと役に立ちます。

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


# by fp2-kojiro | 2019-07-14 12:08 | 過去問のツボ押し | Comments(0)