覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 29日

クレジットカード(3)~活用の基本システム~

d0334173_14352979.png(1)給与振込とは別の口座を開設する
 給与振込口座=カード決済口座としないこと。自分がいくら使ったのかわからないのは、理由の一つとして実際に現金の動きを確認していないことがあげられます。数字だけで現金の価値を判断するのはかなり難しいことです。カード引き落とし口座に定期的に入金することで、いくら使ったかを実感し、浪費を避けるようにしていきます。

(2)必ずレシートを保存する
 クレジットはメリットがあるとはいえ、行き着くところは借金です。自分が今いくら借りてるのかを把握しないままのカード支払いなど、消費者金融で追加融資をお願いするのと何ら変わりません。レシートを受け取る習慣をつけることで自分の債務額を意識する機会を持ち、使いすぎを防ぐことができるのです。

(3)必ず週末精算
 その場でお店に現金で支払うか、それとも定期的に口座に入金するか、財布のお金を手渡すという行動はどちらも同じです。しかし現金払いなら全額お店に入ってしまいますが、クレジット口座への入金なら還元率分だけカード会社が回収してポイントの形で管理してくれます。その差はやがて何千円、何万円の差で跳ね返ってきます。ただ、どのタイミングで口座に入金するか少し考える必要があります。
 毎日口座に入金するのは煩わしい。かといって請求書が来てから入金では、自分の使いすぎにブレーキがかかりにくい。なので支払いは毎週末にATMで入金するようにします。金曜の夕方でも、土曜日の午前中でも、自分のライフスタイルにあったタイミングを選んでレシート分をきっちり、できたら店で支払うのと同じように1円単位で入金し、現金払いと同じように「支払う」とよいです。こうすることで、手持ちの現金と借金返済分が曖昧にならず、小銭も大切にするようになります。その点では、ゆうちょの口座は休日を問わずATM手数料なしで、1円単位で出し入れできるのでこういったことに向いているといえます。

(4)入金後、レシートは破棄
 精算が終わったら、レシートはシュレッダーなどで破棄しましょう。こうすることで支払いが終わったことを実感し、精神的にもすっきりできるのです。また週精算なので自分の経済スケールの把握と反省が容易で、次週の支出をコントロールしやすくなるわけです。

  クレジットカード(4)~まずは引き落としはカードで~へ続く


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-08-29 10:50 | Comments(0)


<< クレジットカード(2)~まずは...      クレジットカード(4)~まずは... >>