覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 26日

FP試験<急所15>預金保護制度

 預金者の財産を守るための「預金保護制度」に関する出題ですが、ポイントは次の3つです。
 ①外国系はNG
 ②決済用預金
 ③1,000万円と利息

  ※特に①は、日本に店舗があっても本店が外国であれば保護対象外になることを押さえておいてください。

 1)預金保護対象について


 いろいろな参考書にはこんな表が掲載されているのをよく目にすることと思います。ですが赤字の部分だけ覚えれば十分でしょう。それ以外は言葉の表現から容易に推測できる(「元本補填」、「保護預かり」等)ため、出題対象とならないのは明白だからです。無駄な暗記で時間を浪費しないようにしましょう。

2)保護範囲
 ・決済用預金(=当座預金)→全額保護
 ・預貯金、定期預金→元本1,000万円までと利息

  ※2つの違いは利息の有無。決済用預金は利息が付かない代わりに、「全額保護」と理解しておきましょう。

3)決済用預金の必須要件
 ① 無利息
 ② いつでも引き出し可能(要求払い)
 ③ 決済として利用可能(=引き落としができる)

  ※何らかの形式で問われやすい部分です。とにかく「無利息」が最優先ポイントです。

   FP試験の急所・ツボ


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-10-26 22:22 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<ツボ13>セーフティ...      FP試験<ツボ12>金利変動要因 >>