覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 27日

FP試験<急所21>税金に関する計算問題①(退職所得)

 タックスプランニングの分野で登場する計算問題はほぼ決まっています。次の3つです。
 
 ・退職所得
 ・一時所得
 ・医療費控除

 計算式を覚えるのはもちろんですが、落とし穴もありますから、問題を解きながら確認していくといいです。

1)退職所得

 大まかにとらえると、退職金から控除額を差し引いた後、その半分が「退職所得」だということです。課税方法は分離課税<急所19>所得税の基本知識で既述の「退職者、税務署に参(さん)上(じょう)」で覚えておきましょう。よく問われるポイントです。
 そして最も大切な部分は、「退職所得控除額」の計算です。

 勤続年数20年をボーダーラインとして決められています。ほとんどが勤続20年超の出題ですので、まずは800万円を理解して覚えておきましょう。また、勤続年数は端数で出題される(端数は切り上げ)と思っておいた方がいいです。そして3級では問題文に計算式が示されていますが、2級は自力解答ですので、計算式と赤字の数字を頭に入れておいてください。

 ・税金に関する計算問題②(「一時所得」)に続く


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-12-27 13:15 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<急所22>損益通算③...      FP試験<急所21>税金に関す... >>