覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 02日

FP試験<急所22>損益通算①(基礎知識)

 損益通算とは、所得の垣根を越えて損得を精算する制度です。ある所得が前年よりも増えた場合翌年の税金が増えてしまいますが、他の所得で損失があった場合はその損失を増えた分から差し引いてくれるというものです。つまり税金が安くなるということです。ただしありがたい制度ゆえ、対象となる所得の種類や条件等、やや複雑な制限があるのは当然で、そこを検定で問われることになります。2級、3級、そして学科実技を問わず、出題の「指定席」ポジションです。少々ややこしい内容になるため、基礎知識から順々に暗記していくようにしましょう。

損益通算の基本知識
 まずは対象となる所得の種類を確認します。以下の4種類の間で損益通算ができることになっています。


 富士山の上に「損益通算」のイメージで暗記してください。だから「ふじさんじょう(富士山上)」なのです。暗記にセンスなど不要、覚えた者勝ちです。

 「不動産所得」と「譲渡所得」には例外、つまり損益通算が認められないケースが含まれます。次の暗記のキーワードは「トシコの土地は…」「ゴルフ会員権」…。基礎知識に関するストレートな設問はもちろん、この例外についても毎回コンスタントに聞かれます。

 FP試験<急所22>損益通算②(例外)に続く

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-01-02 14:44 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<ツボ23>消費税③~...      FP試験<急所22>損益通算②... >>