覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 10日

FP試験<ツボ23>消費税③~非課税~(2級限定)

 「国内」「事業」「対価」を含んだ課税対象だけれども、課税の性格になじまないものや社会的な思いやりから課税しないものを非課税と言います。ここでのポイントは「土地」の扱いが前頭筆頭です。

非課税取引
d0334173_17241064.jpg土地譲渡貸付け
 土地は使っても価値がなくならないので消費ではない、という考えから消費税をかけないということです。ただし、貸付けについては1ヶ月以上の条件が付きます

住宅貸付け
 譲渡については課税(年数が経つと古くなるので)ですが、貸付けは非課税ということ。通常家賃には消費税が付きません。ただし土地と同じように貸付けについては1ヶ月以上の条件が付きます。つまり1ヶ月未満だと宿泊と見なされて課税対象になるということです。
 更に出題は希ですが、事務所用の住宅の貸付けには課税されます。

③利子を対価とするする金銭貸付け
 お金の貸し借りは消費の概念とは異なる取引として課税されません。資本取引だという言い方もあります。

④行政手数料
 住民票発行料金など、税金と類似するものに課税はなじまないという考え方から非課税対象になります。

⑤切手、印紙、商品券などの譲渡
 最終的に提供されるサービスが1つなのに、譲渡するたびに課税してしまうと二重課税になってしまうからです。

 FP試験<急所23>消費税④~納税義務者~(2級限定)に続く

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-01-10 17:15 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<ツボ23>消費税②~...      FP試験<急所22>損益通算①... >>