覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 16日

FP試験<急所24>住宅ローン控除

 住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の出題のポイントは3つです。

 ・控除率と控除期間
 ・適用条件
 ・適用申請方法

なんだかややこしそうですが、必要な数字を覚えるだけです。また問題練習に取り組むとテキストに載っていない内容が登場してきますが、検定には不要な知識です。あくまでもポイントを確実に押さえ、余計なものに手を出さない。すなわち基本を忠実に駆使して解答すればよいのです。

1)控除率と控除期間

認定住宅とは、耐震や省エネ住宅など一定の基準を満たした住宅のことですが、設問にはほとんど出てきません。赤字の数字を覚えましょう。「」「」万円と書けば「%」、「年」の漢数字で組み立てられますよね。

2)適用条件
 赤字の数字を覚えてください。解説を加えておきましたので参考に。

手持ちのお金がなくてローンを組むのですから、10年という基準があるということです。


「各年の年末」ということは「適用は1年ごとですよ」ということ。控除期間の10年は「期限が10年」という意味です。転勤などで住居を離れる場合は、その年の適用は見送られます。


年収ではなく、「所得」です。たくさん所得があるのに控除とは不合理なので、3000万円を基準にしましょうというルールです。これでもかなり寛容ではないでしょうか。不動産分野でも登場する数字ですから留意してください。


この「50㎡」も不動産分野でもたびたび登場する基準ですので特に留意しておいてください。一般的な住居の広さがこの数字ということ。「半分以上」とは、他の人を済ませてあげる余裕がある人はお断りの基準です。

3)控除申請方法

 控除と聞くと何となく「申告」に結びつけてしまいがちですが、申告は1年目だけで以後は年末調整で控除できます。

 特に2級検定の学科試験では、「消費税」とこの「住宅ローン控除」は必出問題ですので、覚えてしまえば頼もしい得点源になります。まさに急所中の急所。それもポイントを押さえるだけで十分対処できることは、過去問を解いてみればすぐにわかります。検定は知識の幅ではなく、基本知識をしっかり身につけているかを求めています。

   FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-01-16 17:30 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<急所25>法人税(2...      FP試験<ツボ23>消費税①~... >>