覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 17日

FP試験<急所25>法人税(2級限定)

 法人税d0334173_16415226.jpgに関する問題は2級学科で毎回2つ出題されます。学習を進めるとわかりますが、法人に関する内容は、保険も含めやや複雑です。それ故「法人税は捨ててもかまわない」等と公言しているサイトも見かけますが、つかみ所がないわけではありません。「損金」についての知識を整備することで2問のうち1問は必ず正解できます。すべてを把握しようとせず、ポイントを確実に頭に入れるつもりで学習を進めましょう。

「損金」の急所

1)交際費の損金算入限度額
 交際費は税法上は「損金不算入」ですが、限度額を基準に「損金」に算入することができます。

 資本金と赤字の関係を結びつけておいてください。さらに、「一人あたり5,000円以内の飲食代は資本金にかかわらず損金に算入できる」ことも覚えておいてください。

2)租税公課

 「」「住民」のキーワードから、『は財産』(「≠ 損」 →損金不算入)と覚えましょう。また、罰金はいわゆる社会的制裁の性格であり、損金として認めてしまったらその意味がなくなります。税金の過怠税等も同じ仲間です。

3)減価償却
 「少額減価償却資産」について押さえておけば十分です。


4)給与
 ・従業員に対する給与は全額損金算入できます。
 ・役員給与は、適正部分のみ損金算入できます。

 役員給与に関する言及がよく出ますが、「不相当に高額な~」と来れば常識的に考えて「損金不算入」と判断しましょう。

   FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-01-17 17:19 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< 謝食道(15)杏亭 ~愛知県名...      FP試験<急所24>住宅ローン控除 >>