覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 15日

FP試験<急所28>借地借家法②~「普通…」~

「普通借地権」と「普通借家権」の出題ポイントは以下のとおりです。

 以上の条件に加え「借地に建物が存在する」ことが必要です。建物を建てる必要がなければわざわざお金を出して土地を借りる理由がありません。


存続期間に「期間の定めのない契約」がありますが、そのままだと貸主は永遠に解約できなくなってしまいます。そこで「貸主は正当な理由をもって6ヵ月前に通告すれば解約可能」という取り決めがあります。

「普通借地権」「普通借家権」に関する出題は、以上の知識だけで正解を導けます。

FP試験<急所28>借地借家法③~「定期…」~に続く

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-02-15 22:55 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<急所28>借地借家法...      FP試験<急所28>借地借家法... >>