覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 26日

消費と浪費の境目

d0334173_13204849.jpg 多くの人は、そんなにお金を使っているつもりがないのにお金がないと日々感じているのではないでしょうか。確かに巷に給料日前に余裕がある人などあまりいません。何かしろにお金が出て行っているけれども、一体何に使ったのかわからないからお金がなくなった気になるのかもしれません。つまり必要な物を適切に手に入れたのか、それとも要らぬ金を使ってしまったのか。
 必要な物を手に入れるためにお金を使うのが「消費」だとすれば、本来お金は残るはず。けれども現実はそうはいかない。そう、消費と浪費は常に紙一重、しかも意識しなければその境目もうやむやになってしまっているということです。

 ここで少し例を挙げて考えてみましょう。仮に懸賞で1万円分商品券が当たったとします。それをどのように扱うかによって「消費」なのか「浪費」なのか分かれてきます。

 ・「商品券が手に入ったから、明日にでもデパートに行って何か買う物を探そう」
 ・「金券ショップに行って現金にしよう」

昔懸賞やギャンブルで一時金が手に入ると、「そういったお金はすぐに物に替えるのがいいよ」といわれたことがあります。「悪銭身につかず」のことわざよろしく、出て行ってしまう前に何かに替えておけば損せずに済むということだったのでしょう。とすれば、上記の二択はデパートに行って買い物をする方が堅実のような気がします。でもよく考えてみると、商品券が手に入らなければデパートで買い物をしなくて済んでいたのです。絶対に必要な物がデパートにあるのなら何の問題もありません。しかし「商品券があるから」で買い物を考える時点で既に浪費なのです。むしろ金券ショップで多少の手数料を取られても現金化し、日々の生活品目を手に入れればその分生活費が浮く、つまり消費の選択肢が増えます。また預貯金に回せば将来の選択が増えることにもなります。
 お金を使うことが必ずしも損をすることではありません。度が過ぎた節約で本当の豊かさを見失うことの方が愚かです。マイナス金利時代の今なら、出て行くお金のことを真剣に精査する。そこに消費と浪費の境目がはっきり見えてくるはずです。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-03-26 14:26 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< FP試験<ツボ30>マンション...      謝食道(19)そば処藤村/寺田... >>