覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 05日

FP試験<急所36>贈与税の基本事項

d0334173_08403868.gif 贈与税は相続税の場合と同じように、加算分と減産分を相殺して課税価格を算出します。

贈与税の計算
  
①みなし贈与(加算)
 代表的なものは生命保険の満期保険金です。FP試験<急所9>生命保険金と課税関係で既述のとおりですが、簡単に言えば契約者(保険料を払う人)と被保険者(保険をかけられる人)以外の人が受け取ると贈与とみなされ、贈与税が課税されるということです。他には「低額譲受」(時価よりも低い価格で譲り受ける)、「債務免除」(借金を免除してもらう)も贈与と見なされます。

②非課税財産(減算)
 ・一般的に必要な生活費、教育費
 ・社会通念上範囲の慶弔費、見舞金等
 ・法人からの贈与(→所得税)
 ・相続開始年に被相続人から受け取った贈与財産(→生前贈与加算 = 相続税)

※贈与税は「延納」のみ可(物納は不可)。要件は相続税の場合と同じ。

  FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-05-05 09:17 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<ツボ38>贈与税の控...      FP試験<ツボ37>贈与の基礎知識 >>