覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 07日

FP試験<ツボ38>贈与税の控除④~直系尊属から直系卑属への贈与~

d0334173_11435420.gif 直系尊属(父母、祖父母)から直系卑属(子、孫)への贈与では、「住宅資金」と「教育資金」を押さえておいてください。

直系尊属から住宅取得資金等の贈与を受けた場合の非課税制度

適用対象
 贈与者:直系尊属(父母、祖父母等)
 受贈者:満20歳以上、贈与を受けた年の合計所得2,000万円以下の者

 受贈者の年間所得が条件に加わります。さらに「直系」ですので、叔父叔母や甥姪、子や孫のの配偶者(いわゆる傍系)などは対象外です。

住宅の条件
・床面積50㎡以上240㎡以下
・床面積の50%以上が居住エリア
・耐火建築物は築後25年以内、それ以外は築後20年以内
・受贈翌年3月15日までに居住

 赤字の数字だけさらっと覚える程度で大丈夫です。

非課税限度額
・一般住宅:500万円
・省エネ耐震性の住宅:1,000万円

 これもさらっと数字だけ押さえておきましょう。

特徴
 「暦年課税」または「相続時精算課税制度」のどちらかと併用できる。

 ※解答時に見落としやすいポイントですから忘れないでください。


教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税制度

適用対象
 贈与者:直系尊属(父母、祖父母等)
 受贈者:満30歳未満の子や孫

 学生は社会通念上20代までと理解しましょう。

対象教育資金と非課税限度額
 ・学校等に必要な金銭 = 受贈者1人あたり1,500万円
 ・学校等以外のものへの金銭 = 500万円

 「学校」の区別は、学校教育法で定められたもの(俗に言う「一条校」)です。塾や習い事は学校以外に扱われます。

特徴
 該当資金を金融機関に預金し、その金融機関が税務署に手続きし、お金の出し入れを管理する。

 贈与税の控除①~基礎控除と特例~に戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-05-07 11:53 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)


<< FP試験<ツボ38>贈与税の控...      FP試験<ツボ38>贈与税の控... >>