覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 21日

FP試験<急所37>小規模宅地等の評価減の特例

d0334173_16021676.gif 被相続人が残した居住用または事業用の宅地を相続すると、場合によっては相続課税が高額になる場合があります。相続税は現金一括が原則のため、納税資金を用意できないと居住や事業を継続できなくなってしまうことになり、相続人の生活に大きく影響を与えます。相続とはやや荒い見方をすれば、納税者自身の意図しない所で築かれた財産に対して課税価格を算出されてしまうため、このようなことが起こります。これを救済するのが「小規模宅地等の評価減の特例」制度です。あくまで「相続税」のためのものであり、贈与税には適用されないのが前提です。問題文の口車に乗らないよう、第一歩をしっかり踏みつけておきましょう。

 覚えるべき内容は、減額割合と限度面積の表です。


①まず、減額割合を覚える。

 「特定~」の条件下なら、8割(80%)負けてくれる。「貸付~」になると賃料が入る分約半分の5割(50%)の割引率に下がるんだなと覚えます。

特定事業用宅地等の限度面積を思い出す。

 「はちご、しじゅう(40)」で特定事業用宅地等(表の真ん中の部分)の限度面積40㎡を思い出します。

残りの限度面積を思い出す。

 ”00”をもとに、上へ”330”、下へ”00”と数字を振って思い出します。

 こういった内容を無理に暗記すると、本番の緊張下ではちょっとしたことで迷ったり、数字を混同してしまいます。暗記への過度な依存には自ずと限界が有るので、それをカバーするのは思い出す技術です。

  FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2016-05-21 16:39 | FP試験の急所・ツボ | Comments(7)
Commented by Senji at 2016-06-15 17:24 x
先日のFP検定で役に立ちました。覚え方もユニークで分かりやすいです。ありがとうございました。
Commented by fp2-kojiro at 2016-06-15 19:42
> Senjiさん
お役に立ててうれしく思います。誰かの役に立つのは、こんな些細なことでも励みになります。
Commented by ヒロシです・・・ at 2017-02-12 17:10 x
2017年1月の2級、自己採点で学科実技共に合格点取れました。
問題演習が全然進まない状況で、直前一週間+試験当日もこちらの内容を最優先にした結果です!
Commented by fp2-kojiro at 2017-02-12 18:32
ヒロシです…様
 おめでとうございます。あきらめずに最後までがんばったヒロシさんの努力の結果だと思います。サイトを通じて自分の経験が役に立ち嬉しく思っています。暖かいコメントありがとうございました。
Commented by 花梨 at 2017-09-01 20:23 x
5月にFP2級に合格し、勢いづいて、今月1級にチャレンジします。とってもわかり易く、丁寧な解説でわかりやすい!今日初めてこちらにたどり着いたんですが、もっと早く知りたかった〜〜!でも、これからもお世話になります。
Commented by fp2-kojiro at 2017-09-01 22:10
花梨さん
 コメントありがとうございます。励みになります。
 1級挑戦ですか...。うらやましい。是非合格してくださいね。私もこのブログ運営が1級受験条件の実務経験として認められるよう精進します。そのときはご指南ください。
Commented by 花梨 at 2017-09-02 08:53 x
お返事ありがとうございます。
私は会計事務所勤務9年ののち、現在外資系保険会社7年目に入ったところです。実務に直結しているので、勉強しやすいのかもしれません。実務経験、半分分けてあげたいですね。


<< ライフジャイロ(1)~「国民年...      FP試験<ツボ40>宅地の評価 >>