覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 04日

ライフジャイロ(27)~保険は保証を買うもの~

d0334173_22282458.jpg 保険はマイホームの次に高い買い物だと言われることがあります。一月1~2万円の保険料も、一生の期間で支払う額を計算すると結構なものになるからでしょう。実際月々の保険料を少しでも抑えたいと相談を受けることがありますが、多くの場合その額に驚かされます。なぜ高額になるかと言えば、保険料で「安心」を買っているからです。
 本来民間の保険は、社会保険等で賄えない部分を補う役割を担うものです。ところが保険会社や来店型の保険ショップは安心を売ることでできるだけ多くの保険料や手数料を集めています。彼らも社員の生活を請け負うがため、ある程度は仕方が無いのかもしれません。一方で購入側が保険に詳しくなければ、結局は保険会社の営業マンのストーリーに身をゆだねるしかなく、月々の保険料も云万円になってしまう所謂「保険ビンボー」になってしまうのです。
 私が保険の見直しの相談を受ける時に、社会保険の仕組みを丁寧に説明して保険の見直しを提案しても、相手が「でも〇〇だと不安だから」という言葉が出た時点で見直しの相談は終了することにしています。保証よりも安心を優先せざるを得ないからです。こういった方の多くは保険ですべてを賄おうと考えている傾向があります。
 確かに保険に入っておけばよかったというケースはいくらでもあります。しかし安心を買うにはそれ相当の金額が必要です。少しでも保険料を抑えたいと考えるなら、保険で「保証」を買うという考えを持つことです。ほとんどの方は、すでに「健康保険」や「年金保険」といった社会保険に対して月々かなりの額を支払っています。また住宅ローンには多くの場合「団体信用保険(死亡時にローン残高を補填するもの)」がかけられているはずです。保険を購入する場合はタイミング(結婚した、家族が増えた等)と期間(定年まで、子どもの独立まで等)を考え、社会保険や公的優遇制度(高額療養制度や遺族年金等)を考慮した上で必要額を把握するようにしましょう。保証額と保険料だけを見て何となく保険に入ることだけは避けるようにすべきです。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-01-04 23:36 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< ライフジャイロ(28)~投資の...      ライフジャイロ(26)~家計管... >>