覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 14日

ライフジャイロ(28)~投資の「トリセツ」~

d0334173_10224734.jpg もし投資を始めようと考えているなら、まず基本を押さえておきましょう。

 ・長期間で運用を考える
 ・しばらく使わないお金を活用する

たったこれだけです。もしかすると「株式投資で資産が半分になった」とか「一月で云万円稼ぎ出した私のFX投資術」といった類いを思い起こす方もいると思いますが、こういった運用は投資と言うよりも「投機」と呼ばれるもので、短期間の価格の変動を予測してその差益を狙う取引、つまり正真正銘のギャンブルです。投資で資産を増やそうとするなら、長い間「お金に働いてもらう」とことを考えましょう。会社で働く場合でも、いいときもあれば悪いときもあり、成功や失敗もあります。そのかわり経営方法が適切なら、その繰り返しで会社は10年20年といった長い時間をかけて収益を上げていきます。そういった流れに「投資」したお金が使われれば、預貯金をはるかに上回る利益を受けることができます。たとえ一時期元本割れが起こったとしても「長期間で運用を考える」のはそのためです。そして長くお金に働いてもらうために、「しばらく(自分に)使わないお金」が必要なのです。
 今年の1月からほぼ全国民に個人型確定拠出年金の加入が可能になりました。加入の際には運用配分を自分で設定することになりますが、もし投資を始めようと考えていたなら、この確定拠出年金はいい機会になります。年金のための拠出(積み立て)ですから原則60歳までは解約不可、つまり「しばらく使わないお金」を積み立てて「長期間の運用」をすることになるからです。まずは投資信託から始めて「投資」とはどういうものなのかを実感することで、資産運用に自信を持つことができます。ただ、確定拠出年金の運用には毎月管理手数料がかかるとともに、投資を選択した場合には更に手数料が必要になることも考慮しておきましょう(マネーゲインの条件~お金を増やそうと思う前に考えること~)。一方なるべく手数料をかけたくなかったり、拠出期間が短い場合(60歳までの期間が短い場合)は素直に貯蓄型商品(スーパー定期等)100%の運用配分が適切でしょう。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-01-14 12:09 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< 謝食道(30)カサゴの煮付け ...      ライフジャイロ(27)~保険は... >>