覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 28日

ライフジャイロ(30)~保険は「単品」契約がよい~

d0334173_13222960.gif マクドナルドやすき家などに行ったことを考えてみてください。たいていセットメニューをオーダーするのではないでしょうか。理由は明白、単品でそろえるよりもお得だからです。保険にもそういった類いの商品があります。「定期付終身保険」「定期保険特約付終身保険」といったものがそれです。ところが保険の世界ではこういったセット物は極力避けた方がよいです。
 「定期…付終身保険」の基本構造は、終身保険を主契約として定期保険や医療保険といったおまけ(いわゆる「特約」)を組み合わせるというものです。つまり終身保険という大きな船に定期保険や医療保険などといった積み荷を載せているとイメージしてもらえばよいです。保険とは本来掛け捨てが基本。返戻金部分(解約時にお返しする部分)に当たる終身保険が主契約である以上、保険を見直すときには同じ会社の特約商品から選択するしかなく、どうしても見直しの動きが悪くなります。例えば定期保険「特約」が10年とすると、この「特約」は10年後まで更新できないため、家族に変化があっても保証を見直すことはできません。また、契約当初の保険証書には「終身保険」と記載されますから、例えば保証額が5,000万円となっていると、一生涯「5,000万円」の保証が続くと勘違いしがちです。実際は「5,000万円」とは特約の定期保険(多くは最初の10年)が4,700万円、終身部分が300万円くらいの割合であり、定期部分が満了すれば(10年たてば)終身部分の300万円しか残りません。新たに更新をするにしても主契約あっての特約ですから、当然保証内容の選択は限られてしまいます。インターネットを通して次々と新しい商品が世に出る時代にこれでは明らかにハンディを背負うことになります。
 貯蓄性のある終身保険を基本にして各種保証を考えることは間違いではありません。ただし、保険というものはライフイベントに合わせて常に見直すべき代物ですから、動きやすくしておく必要があります。そのためには、一つ一つの保険商品の内容をシンプルにし、必要があればいつでも乗り換えられるよう「単品」契約にしておくことが、長い目で見れば保険料を抑えることにつながるのです。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-01-28 15:17 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< ライフジャイロ(31)~税金は...      ライフジャイロ(29)~がん医... >>