覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 03日

保険の解剖学(7)~個人賠償責任補償~

d0334173_21462145.gif
保険商品名
 東京海上日動の「個人賠償責任補償」

商品の内容
 日常生活賠償保険

特徴
 年間1,200円または1,350円で1億円の賠償を補償。特に年間保険料1,350円のBタイプは国内事故の補償金額は無制限。一人加入で家族全員が補償対象の上、示談交渉代行サービスも組み込まれている。

この保険のキモチ
 自転車損害賠償責任保険に加入を義務化する動きに対応するために引き受けられた損害賠償保険。自転車事故の賠償額として最近の判決では1億円近くの支払い命令が出たことを受けて、賠償額を1億円に設定。さらに今後賠償額が上がっていくことを踏まえ、国内事故では無制限のタイプを設定している。

契約へのふるまい
 この保険の中身は以前からある日常生活賠償保険です。昨今自転車事故は深刻化し、自転車の保険はないものかと関心を持つ人々に応えてこのような商品が広告に出されたのでしょう。月額100円という破格の保険料で1億円をカバーできるのはずいぶんお得感がありますが、実はこの手の保険はほとんどの場合自動車の任意保険に特約として同じ条件のものが付加されていることが多いのです。既に保証額は無制限ですから重複して加入しても意味がありません。ですから家族の自家用車の任意保険を確認してみて日常生活賠償特約が付加されていれば、この保険は必要ないことになります。加入している任意保険のしおりや保険会社へ直接問い合わせをして、補償の中身が同じであれば新たな契約は不要ということです。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-04-03 22:45 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< ライフジャイロ(36)~保険選...      謝食道(31)信濃屋 ~岐阜県... >>