覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 02日

高校生からのファイナンシャルプランニング(0)~開稿にあたり~

d0334173_14393065.jpg
 政府の「好景気」の言葉とは裏腹に、身の回りの方で生活の中において豊かさを感じている人がどれだけいるでしょう。国内経済の報道に触れる度に、国と国民との経済感覚には常に大きな乖離があることを思い知らされます。
 多く人は目の前の損得には非常に敏感である一方、先を見通すのが苦手です。まさに「木を見て森を見ず」こそ、好景気と言われながらその恩恵を感じられない原因の一つかもしれません。「納税」には、実は国は様々な軽減措置を設けています。またきちんと一定のお金を納めていれば健康を損ねても経済負担を減らす制度を準備していますし、リタイア後の生活に備えて有利にお金を積み立てるシステムも構築してくれています。そういったことを知らないままでいると、根拠のない儲け話に乗ってしまったり、セールスマンの言われるがまま必要のない保険に入ってしまうことになりかねません。自分で正しい判断ができないということは、その時点ですでに自分の人生の何割かを他人にゆだねているということであり、仮に不利な条件を被っても何一つ反論できないことになります。
 しかしながら多くの人はそれらを十分学ばずに社会へ参加していきます。その結果、税制の本質や社会保険のありがた味を認識せず、給与明細の手取り額だけを見て嘆くことになるのです。そうならないためにはやはりそれ相応の「リテラシー」、つまり制度を正しく活用したり、物事を正確に認識する知識が必要となります。こう言うと何かめんどくさい感じがしますが、多くの場合それ相応の知識をそれ相応の場面で引き出す程度の基礎知識があれば十分詳細部分は必要ありません。「高校生からのファイナンシャルプランニング」とはそういうものと思ってください。
 当方は業界とは全く無関係の給与所得者ですが、人にものを教えることを生業としているゆえ、できるだけ分かりやすく、なおかつ覚えやすく導くことをコンセプトに稿を重ねたいと思います。

  カテゴリーTOPへ

  コンテンツに戻る
  

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-09-02 14:45 | 高校生からのファイナンシャルプランニング | Comments(0)


<< 高校生からのファイナンシャルプ...      謝食道(35)さか枝(さかえだ... >>