覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 01日

ライフジャイロ(46)~プリペイド型クレカで支出のリサイクル~

d0334173_22154685.gif


 前回の家族Bは、クレジット決済することにより、クレジットカード会社から支払額10万円の1%分をポイントの形で受けとることができました。

 クレジットカードのポイントといえば、一昔まではある程度貯まらないと使い物にならなかったため、クレジット決済自体のメリットが感じられませんでした。しかし最近ではプリペイド型クレジットカードの登場により、獲得したポイントをプリペイドのチャージとして使うことが可能になりました

 プリペイド型クレジットカードは文字通りチャージすることで利用できるものです。これにより使いすぎを防いだり、普段カード決済をしない人が海外旅行などで一時的にカード決済を利用するときに役立つ他、メインカードのポイントをチャージすることで、ポイント分を新たにクレジット決済できるようになります。つまり、ある程度貯まるのを待たなくてもすぐに利用できる優れたサービスといえます。これにより、クレジットカード決済でのお得分を目に見える形にすることにつながります。

 10万円の1%分を、同じ系列のプリペイド型クレジットカードに1,000円分としてチャージしました。これで、クレジット決済可能な店舗で1,000円分の買い物ができます。

 チャージしたプリペイド型クレジットカードを使って生活に必要な買い物をしました。ここで大前提を振り返ります。


 生活に絶対必要なもの…手元のお金を出して手に入れる


生活に必要な1,000円の買い物をしたにもかかわらず、家族Bの支出は0円です。大前提からすれば1,000円が支出されるところを、チャージ分によって支出しなくてよくなったことになります。つまり本来必ず出て行くはずだったその1,000円は今や家族Bの手元にあります。家族Bの家計は手数料なしでプラス1,000円が計上されました。ということは、最初の10万円の支出から1,000円を無理なく見える形で節約したということになります。いわば「支出のリサイクル」と言えるものです。元はといえば自分のお金ですが、お金が増えたような気になることでささやかながらも豊かさを感じることができる、まさに自分で自分をだますスマートな節約のスタイルと言えます。


 計上されたお金の使い方は自由です。休みの日にちょっと高めのランチを食べに行ってもいいですし、一年間貯蓄しておいて年末に一人決算報告をするのも楽しいものです。またクレジット決済の範囲を拡げれば、その分残るお金も増えていきます。ただし大切なことは生活に絶対に必要なものについてクレジットカードを使うことです。カードの利便性に乗じてだらだらと無駄遣いをしては意味がありません。クレジットカードの使い方をコントロールする方法については「クレジットカード(3)~活用のシステム~」を参考にしていただけると幸いです。

 たかが1,000円の節約とはいえ、今や1,000円の利息を得るには何十万円のお金と1年程度の時間が必要なことを考えれば、プリペイドカードを上手に活用するだけで巷の金融商品を後塵に拝する効率のよい運用が可能になるということです。

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2018-04-01 22:59 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)


<< 謝食道(42)楽縁~滋賀県彦根市~      ライフジャイロ(45)~支出の... >>