覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 07日

過去問のツボ押し~相続税の課税対象~

2017年9月2級学科試験より
d0334173_12370295.gif
 相続税の課税対象に関する出題の基本は、上記でいえば2.と3.になります。”FP試験<急所33>相続の課税価格①~算出のツボ~ ”でも既述しましたが、いずれも相続前後の3年がポイントです。

生前贈与
 相続前3年以内の贈与=相続財産

ただし、相続人でなければ相続財産を受けとることはないので、受けとった財産は贈与のままです。問題文には「…財産(みなし相続財産を含む)を取得しなかった…」とありますから、この贈与財産は相続税の課税対象から外れることになります。

死亡退職金
 死亡後(相続開始後)3年以内に支給が確定=相続財産

いわゆる「みなし相続財産」と呼ばれるものの一つです。こちらは相続後の3年が基準になります。一方3年を超えて確定したものについては、遺族の一時所得として扱われてしまいます。問題文は「…被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したもの」とされているので、この給与は死亡退職金として相続財産に加算されます。

 問題文1.は生命保険に関するものです。生命保険の保険金は契約によって受取人に手渡されるお金なので、本来相続財産ではありません。しかしながら被相続人の死亡を原因とする財産なので、たとえ相続を放棄していても税制上は「みなし相続財産」とされ、非課税限度額無しで相続税が課税されます。
 また問題文4.の「相続時精算課税制度の適用」とは、贈与時に非課税だった2,500万円分を相続時に課税することを指します。(”FP試験<ツボ38>贈与税の控除③~親から子への贈与~” を参照)

基本の「3年」に関する知識に加え、この問題には相続に関して何らかの形でよく出題される部分も含んでいますから、繰り返し見直すと実力アップにつながります。

 (正解:2.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2018-07-07 12:52 | 過去問のツボ押し | Comments(0)


<< 過去問のツボ押し~金融商品取引...      過去問のツボ押し~教育ローンと... >>