人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 21日

過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~

2019年9月2級学科試験より
過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~_d0334173_16323632.gif
 公的年金の給付に関する出題ですが、まずは「加給年金」をしっかり覚え込みましょう。

 「加給年金」は厚生年金に関わるものですが、年金受給者になったときの特定の家族に対する手当のようなもので、現役時代の扶養手当のイメージでとらえてください。検定試験では、受給要件の被保険者期間について問われます。

 加給年金の受給要件
 65歳未満の配偶者、または18歳到達年度末日までの子(概ね高校生)がいる。
   ※障害等級1級または2級の未婚の子は20歳未満

 
・厚生年金の被保険者期間=20年以上

以前は老齢年金の受給資格期間は25年でしたが、平成29年8月より10年に短縮されました。問題文1.はそのことに関するものですが、加給年金の出題では被保険者期間をこの25年にすり替えることで誤答を引き出す手法がしばしば見受けられます

 問題文4.の遺族厚生年金に関する出題ですが、これも老齢年金の受給資格期間短縮を巧みに盛り込んだ内容となっています。

 遺族年金の長期要件
 老齢年金の受給期間が25年以上

被保険者期間に死亡すれば、短期要件として遺族年金が給付されます。一方長期要件では、例えば老齢年金の受給期間25年以上を満たして脱サラした場合が考えられます。その方が亡くなったときは、遺族基礎年金に加えて遺族に遺族厚生年金が支払われるということです。

問題文中では、この25年を10年に置き換え、いかにも受給条件を満たしているかのように見せかけていますが、10年に短縮されたのは老齢年金だけで、遺族年金の方は25年のままであることをしっかりおさえておきましょう。

 問題文3.の寡婦年金は、国民年金に関わるもので、被保険者が受給資格期間の「10年以上」を満たしたまま年金を受け取らずに死亡した夫の妻に支給される年金のことです。

 寡婦年金のポイント
 ・婚姻期間10年以上
 ・夫死亡時の妻の年齢が65歳未満(年金を受給していないこと)
 ・受給期間・・・妻が60歳から65歳に達するまで

なお、”FP試験<ツボ5>区別しておくとよい年金名”も合わせて参照して、知識整理に役立ててください。

 (正解:4.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2019-12-21 17:00 | 過去問のツボ押し | Comments(0)


<< 過去問のツボ押し~事業活動での...      過去問のツボ押し~雇用保険の高... >>