覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:外道FPのライフエコロジー( 82 )


2019年 02月 02日

保険の解剖学(19)~ 米ドル建一時払養老保険 ~

d0334173_13344923.gif
保険商品名
 米ドル建一時払養老保険(明治安田生命)


商品の内容
 5年ごと利差配当付一時払特別養老保険(指定通貨建)


特徴
 保険期間中の死亡保険金額を基本保険金額(災害死亡時は1割増し)まで抑えることで、保険期間終了後生存時の満期保険金額を大きくしている。一時払いの保険料は米ドルに換えて運用(ドル建て)し、保険金の受取りも基本的に米ドルで行う。


この保険のキモチ
 国内金利が低迷する中、金利が高く世界の基軸通貨と言われる米ドルで運用することで多くの顧客が満足できる資産形成を目指す商品。「保険」という名がついていますが、一時払いであるためれっきとした「金融」類似商品です。まずここを理解しておきます。また、当初の保険期間終了後は最長10年間の据え置き可能期間を設定し、受け取りのタイミングに幅を持たせています。

契約へのふるまい
 外貨建て商品は国内金利があまりにも低いため魅力的に見えますが、慣れていないと扱いがとても難しく、リスク管理と為替相場に対する適切な判断を必要とします。これらはすべて契約者または保険金受取人の責任となります。会社はアフターフォローの一つに「MYライフアドバイザー」なる者が相談に乗ってくれるような言及をしていますが、「最終的に判断をするのは契約者であるお客さんであり、当社は損失については責任を負いかねますよ」という姿勢は変わりません。ですから契約する場合は、通貨相場についてある程度のレベルまで知識を有し、保険を手放すタイミング(解約のタイミング)を見極める判断力が必要です。

 こういった外貨建ての商品をはじめとする投資による資産運用の難しさは、なんと言っても手放すタイミングです。そもそも相場というものが誰も先を正確に予想することはできない以上、どこで手放すのがベストなのかを知ることは不可能だということを再確認すべきでしょう。もしこの商品のセールスに出会った場合は、「なぜ今このタイミングでドル建てがおすすめなのか、その根拠となるものは何か」ということをまず目の前の保険募集人に尋ねてください。そこで納得のいく説明がなければ契約すべきではありません。

 また外貨建てというだけでお金を増やすことばかり考えがちですが、損失を最小限に食い止めるためにあえてマイナスのまま手放さなければならない時(損切り)だってあるのです。保険期間に加え10年の据え置き期間まで設定しているのは、「20年待ちますからじっくり考えてください。その代わりタイミングはそちらで決めてくださいね。当社は責任を持てませんから」ということです。そのため運用資金も20年くらい使い道がなく、損失が出ても生活に影響の出ないものということになります。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2019-02-02 13:42 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 12月 15日

ライフジャイロ(50)~保険の「配当付」「無配当」とは~

d0334173_11315097.gif
 生命保険のパンフレットや広告に「配当付」とか「無配当」の言葉を目にすることがあります。この配当とは、文字通り保険会社から契約者に一定の条件で支払われるお金のことです。


 保険会社は、性別や年齢ごとの死亡率予定死亡率)、集めたお金を運用したときの利回り予定利率)、会社運営の必要経費予定事業費率)をもとに、各商品の保険料を算出しています。


 これら3つの予定率はあくまで「予定」なので、必ずしも実際の数字とは一致しないのは当然です。その結果状況によっては、保険料と実際に支払われた費用に差額が生じます。例えば予定死亡率で見込まれた死亡者数が実際には少なかったり(死差益)、運用成績が良好であったり(利差益)、経費削減がうまくいった場合(費差益)、保険料から「剰余金」(支払われなかった費用)が生まれます。保険会社はこの剰余金を財源に契約者にお金を払い戻すことになります。これが「配当」です。


 余ったなら会社の資産にしたらいいのではという疑問を持つ方もいるかと思いますが、保険制度には「収支相等の原則」があり、契約者が払い込んだ保険料と保険会社が支払う保険金とが等しくなるように保険料を計算しているため、余った差額は契約者に払い戻す(配当)ことになっています。


「配当付」の保険は、その差額を含めて計算しなければならないため、「無配当」の商品よりも保険料は高くなります。ですが会社の業績や景気の動向によっては、当初の予想よりも多くの配当を得ることが可能と考えれば、一種の金融商品のような性質も併せ持っていると言えるでしょう。「配当付」か「無配当」どちらを選ぶか、その判断は契約する側にあることはいうまでもありません。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-15 11:38 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 12月 02日

保険の解剖学(18)~新フリープラン10倍保障型~

d0334173_09381950.gif
保険商品名
 新フリープラン10倍保障型(かんぽ生命)


商品の内容
 10倍型特別養老保険


特徴
 死亡保障と満期金を兼ね備えた貯蓄型生命保険


この保険のキモチ
普通養老保険では、死亡保障に対する保険料が高額になりがち。この保険では、より少ない保険料で死亡保障に備えることができる。加えて入院保障、手術保障などの医療保障部分も特約で追加することができる。また、満期金には配当金がプラスされる。


契約へのふるまい
 この保険の基本はあくまで「死亡保障」であり、医療部分の保障(入院、手術等)は特約、つまりオプションだと考えてください。郵便局で配布されているチラシには、月々の保険料と医療部分が先に書かれているので、ともすると医療保険と勘違いしてしまうので注意が必要です。
 さてそのチラシに書かれた代表セールス例は大まかに次の通りです。


 加入年齢 25歳
 保険期間 20年(45歳満期)
 保険料 2,240円

 死亡保障(基本保障)200万円(事故災害時 400万円)

 (特約部分
 入院保障3千円/日(入院初期費用保障 1万5千円)
 手術保障 6万円(外来手術保障 1万5千円円)
 放射線治療保障 3万円


2,240円の保険料を満期(20年)まで支払った場合の総額は、


 2,240円×12ヶ月×20年=537,600円


ここから20万円(配当金を除く)の満期金を差し引くと

 537,600円-20万円=337,600円
 337,600円÷12ヶ月÷20年≒1,406円


つまり月々約1,400円の掛け捨て医療保険を払いつつ、死亡満期(保険期間中に死亡したとき)には生存満期(20年後も生きている場合)の10倍保障の200万円(事故災害死では400万円)を得られる20万円の積立保険をしていることになります。

 20年後に20万円の満期保険金ということは、年1万円を積み立てしているということ。1万円あれば定期的な人間ドックの費用に当てることもできます。事故災害は防ぎようがないとしても、健康を維持管理することで死亡や重病罹患の確率は格段に減少するとすれば、あえて保険に頼らず貯蓄と健康保険で前向きなリスク管理もありということです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-02 09:49 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 11月 23日

保険の解剖学(17)~SBIいきいき少短の死亡保険~

d0334173_09490306.gif
保険商品名
 SBIいきいき少短の死亡保険(SBIいきいき少短)


商品の内容
 少額短期保険による死亡保険


特徴
 手頃な保険料とシンプルな保証を基本に日々の暮らしに役立つサービスを選択可


この保険のキモチ
できるだけ保険料は抑えたいが、万一の場合に残された家族の負担を少しでも減らしたいと考える人への死亡保険。加入者の約8割は保険料の安さでこの保険を選んでいる。しかも保証内容は「死亡」に限定されているため、保険の内容もわかりやすい。


契約へのふるまい
 手頃な保険料でシンプルな保証内容となるこの保険は「少額短期保険」と呼ばれるものです。簡単に言うと、保険期間が1年で、1人の被保険者(保険に入る人)から引き受ける保険金額の合計が原則1,000万円以内掛捨て保険のことを指します。そしてそれを販売する事業者のことを「少額短期保険業者」といいます。通常の保険会社は、破綻時に契約者を保護するため「保険契約者保護機構」という法人への加入が義務づけられていますが、少額短期保険業者や共済(県民共済等)には加入義務はありません。したがって販売業者が破綻した場合は、払い込んだ保険料はほぼ回収不可と考えるべきです。こういった理由から短期の保険期間で少額の保険料を設定しているわけです。

 とはいえ少し引っかかるのが、加入者の8割が手頃な保険料でこの保険を選んでいるという点。保険はあくまでリスクへの備えであり、保証内容が今の生活に本当に必要なのかをまず第一に考えるべきです。つまり向こう1年間のライフプランを見通さないまま保険料が手頃というだけで契約すれば、安心料にお金を支払うまさに「掛け捨て」になってしまいます。
 保険は本来「掛捨て」が原則ですが、それは払う保険料に見合う保証と引き替えでなければ意味がありません。手頃な保険料というだけで加入しているとすれば、ギャンブルで確率の極めて低い目にお金を投じて失うのと同じことです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-11-23 09:54 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 09月 24日

ライフジャイロ(49)~保険料の「原価」はいくらなのか~

d0334173_16441616.gif
 よく「保険に入る」という言い方をしますが、契約する保険はあくまで「商品」です。世の中で売買される商品には原価があり、そこに儲けを上乗せされているように、保険会社が販売する各種保険にも原価と儲けが含まれています。定食屋さんの「牛カルビ定食」が「豚バラ定食」よりも高いと分かるのは、牛肉が豚肉より高いということを知っているからです。同じように保険商品の価格に当たる保険料も、およその原価を知っておくと今までブラックボックスのようだった保険の仕組みが分かり、誰かの言われるがままに決めてしまいがちな保険の契約に自信が持てるようになります。


 例えば、ある程度の年齢になるとよく勧められるのが「定期保険」ですが、簡単な計算でだいたいの原価をつかむことはできます。


 A社の定期保険契約例
 ・契約年齢:30歳(男性)
 ・保険期間(払込期間):10年
 ・保険金額:1,000万円(特約なし)
 ・保険料:1,910円 /月


まず保険料1,910円を月々10年間払い込む場合の総額は


 1,910円×12ヵ月×10年=229,200円


一方、厚生労働省が毎年発表する「簡易生命表(平成28年)」によれば、30歳男性が10年後に死亡する確率(40歳での死亡率)は0.98%。約100人に1人というこの数字をもとに、保険金額(死亡時に支払われる金額)1,000万円を考えると


 1,000万円×0.98%=98,000円


計算上は死亡保険金を準備するのに1契約あたり98,000円あれば足りることになります。概算ながらつまりこれが保険料の原価に当たります。そして既述の10年間の払込総額を差し引くと


 229,200円(払込総額)-98,000円=131,200円


が保険会社の儲けになる仕組みです。つまり毎月支払う保険料の約60%はすでに会社の財布に入っていることになります。実際はアクチュアリーと呼ばれる確率統計のプロが算出する数字が基礎となっているので正確な数字は私たちの知るところではありませんが、近い数字はこのように誰でも知ることができます。 


 自分が支払っている保険料が妥当なのかについてはっきり認識している方は極めて小数でしょう。なぜならほとんどの場合、セールスの説明に沿って表面的な値段と自分の懐とを比較しながらその場の雰囲気で契約しているからだと思います。しかしこれはある程度しかたのないこととです。大人になるまでに保険の仕組みについて学ぶ場はまずないのに、いざ必要な年齢になって決断を迫られるわけですから、目の前にいるセールスの説明をたよりに何となく決めていくしかありません。多くの人はそうです。しかし今回の話のように、目の前に提示される保険商品の保険料と保険金額の仕組みをおおよそ把握しているとすればどうでしょう。きっと他力本願に流されることなく、自信をもって「よその商品も見てみたい」と言うことができるはずです。


 保険は人生において2番目に大きな買い物と言われることがあります。私見としては些か大げさな言い方だとは思いますが、人生のリスクに対しては絶対必要なのは間違いないでしょう。しかしながら、その全てを他人の言われるままに決めてしまうのは少しもったいないのではないでしょうか。自身が汗水垂らして得た大切なお金から支払うのですから。少しでも自分で決める部分があってこそ、本当の意味での安心が得られるはずです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-09-24 17:04 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 09月 08日

ライフジャイロ(48)~ 1円をバカにしないことのメリット~

d0334173_15152982.gif
 たとえば、給料が支給され、自分の財布の中身に3万円入っていたとしましょう。そのときある同僚から「飲み会をやろう。会費は1万円」と言われたら…。ほとんどの人は返事に躊躇するはずです。あるいは即答でその誘いを断っても必然と言えます。一晩の宴会に1万円はちょっと高過ぎだと考えるとともに、3万円のうちの1万円は非常にリスキーな額だと感じるのが普通だからです。


 一方、214万円の車を購入しようとしたとして、その際にいろいろなオプションを付けた結果見積額が215万円になったとしても、多くの場合契約に躊躇する割合はぐっと減るのではないでしょうか。「何年かに一度の買い物だし、1万円くらいなら大差はない」と判断すること自体自然な流れです。


 さて、二つの話はどちらも「1万円」のお話ですが、明らかなちがいがあります。それは1万円の価値感。人は持っている金額が大きくなればなるほど小さな金額を軽視するようになると言われています。それが既述の例です。これは欲ある人間にとってある程度しかたのない感情なのかもしれませんが、そのままにしておくと気づかないうちに浪費につながることになります。


 宝くじ等で大金を掴んだ人の多くが浪費に走り、自己破産に追い込まれるといったことをよく耳にします。また、アメリカプロバスケットボールで活躍した選手のうち、約60%は自己破産を経験している調査結果もあります。手持ちの金額が大きく、しかも短期間に得た場合は、それまで貴重だったものがそれほど気にならなくなるのに多くの時間を要しないというわけです。


 一般的な買い物で例えば2千円程度をやりとりする際、1円単位は2千円と比べれば脇役以下の金額です。ですが200万ちょっとの車を買うときにさほど気にならなかった1万円と同じ存在です。「分母」が大きくなればなるほど気になる金額である「分子」も大きくなる。つまり普段の生活の中にも、浪費への道はあちこちにあるということです。


 あちこちで浪費を助長するといわれるカード決済の代金も、給与口座と同じにしておくと便利ですが、自分がいくら使ったのか掴みにくく、引き落とし額におののくという結果になりがちです。できたら決済引落用の口座を別に作り、そこに必要な金額だけ入れるように習慣づけるようにしましょう(「クレジットカード(3)~活用の基本システム~」を参照)。使った金額を把握しやすくなり、お金にブレーキをかけやすくなります。また、おおざっぱに何千円、何万円ではなく、1円単位で必要な額だけ預入れるようにしてください。1円の存在を大切にする意識が芽生えます。やがては無駄遣いは減り、徐々にお金が残るようになるものです。何かでお金を増やそうとする前に、まずは足下の1円から整理してみることです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-09-08 15:23 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 06月 03日

ライフジャイロ(47)~相続税の実際~

d0334173_11561778.gif
 2015年に相続税の改正が行われたとき、テレビのニュースをはじめとするマスコミはこぞって「あなたの家族も相続税の対象になるかもしれません」のような報道をしていました。上辺だけ見た人にとっては何か不安をあおられる内容だったためか、周りには誤った理解をされている方が未だに多く見受けられます。しかしながら、税制をきちんと理解していれば根も葉もない噂に振り回されることはありません。

 相続税の課税率・・・約8%

生命保険文化センターの調査によれば、改正があった2015年以降相続税を納めた人の割合(課税率)は約8%。つまり約10人中9人までの人は相続税納付とは縁がなかったことになります。

 相続税の基礎控除
  3,000万円+(法定相続人の数×600万円)

例えば相続人が配偶者子2人という平均的な遺族形態では、
 
  3,000万円+(3人×600万円)=4,800万円

この場合単純に考えると、遺産の合計が4,800万円以下であれば、相続税を支払う必要はありません。また税務署への申告も不要です。通常相続財産で幅をきかすのは不動産ですが、一般的な宅地であれば評価額を80%減額してくれる制度(小規模宅地等の評価減の特例)も用意されているため、課税対象の財産合計額が4,000万円を超えることはそう頻繁には起こらないのがお分かりいただけると思います。加えて被相続人(死亡された親族)に債務(借金等)があったり、葬儀にかかった費用については遺産総額から控除してくれるので、さらに課税対象から遠のきます。

 生命保険金については、被相続人の死亡によって生まれるお金のため本来の相続財産ではありませんが、相続税を計算する上で「みなし相続財産」として加えられます。ですがこれには「法定相続人の数×500万円」の非課税限度額が認められており、上記の例で言えば「3人×500万円=1,500万円」分負けてもらえます。

 他にも死亡退職金や弔慰金にも非課税額があったり、相続税が発生しても様々な税額控除(相続税が確定してから控除されるもの)も用意されていますから、多額の相続税を課されること自体限られた出来事だと言えます。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2018-06-03 12:21 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 04月 01日

ライフジャイロ(46)~プリペイド型クレカで支出のリサイクル~

d0334173_22154685.gif


 前回の家族Bは、クレジット決済することにより、クレジットカード会社から支払額10万円の1%分をポイントの形で受けとることができました。

 クレジットカードのポイントといえば、一昔まではある程度貯まらないと使い物にならなかったため、クレジット決済自体のメリットが感じられませんでした。しかし最近ではプリペイド型クレジットカードの登場により、獲得したポイントをプリペイドのチャージとして使うことが可能になりました

 プリペイド型クレジットカードは文字通りチャージすることで利用できるものです。これにより使いすぎを防いだり、普段カード決済をしない人が海外旅行などで一時的にカード決済を利用するときに役立つ他、メインカードのポイントをチャージすることで、ポイント分を新たにクレジット決済できるようになります。つまり、ある程度貯まるのを待たなくてもすぐに利用できる優れたサービスといえます。これにより、クレジットカード決済でのお得分を目に見える形にすることにつながります。

 10万円の1%分を、同じ系列のプリペイド型クレジットカードに1,000円分としてチャージしました。これで、クレジット決済可能な店舗で1,000円分の買い物ができます。

 チャージしたプリペイド型クレジットカードを使って生活に必要な買い物をしました。ここで大前提を振り返ります。


 生活に絶対必要なもの…手元のお金を出して手に入れる


生活に必要な1,000円の買い物をしたにもかかわらず、家族Bの支出は0円です。大前提からすれば1,000円が支出されるところを、チャージ分によって支出しなくてよくなったことになります。つまり本来必ず出て行くはずだったその1,000円は今や家族Bの手元にあります。家族Bの家計は手数料なしでプラス1,000円が計上されました。ということは、最初の10万円の支出から1,000円を無理なく見える形で節約したということになります。いわば「支出のリサイクル」と言えるものです。元はといえば自分のお金ですが、お金が増えたような気になることでささやかながらも豊かさを感じることができる、まさに自分で自分をだますスマートな節約のスタイルと言えます。


 計上されたお金の使い方は自由です。休みの日にちょっと高めのランチを食べに行ってもいいですし、一年間貯蓄しておいて年末に一人決算報告をするのも楽しいものです。またクレジット決済の範囲を拡げれば、その分残るお金も増えていきます。ただし大切なことは生活に絶対に必要なものについてクレジットカードを使うことです。カードの利便性に乗じてだらだらと無駄遣いをしては意味がありません。クレジットカードの使い方をコントロールする方法については「クレジットカード(3)~活用のシステム~」を参考にしていただけると幸いです。

 たかが1,000円の節約とはいえ、今や1,000円の利息を得るには何十万円のお金と1年程度の時間が必要なことを考えれば、プリペイドカードを上手に活用するだけで巷の金融商品を後塵に拝する効率のよい運用が可能になるということです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-04-01 22:59 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 03月 30日

ライフジャイロ(45)~支出の分かれ道~

d0334173_11120576.gif


 支出は「生活に絶対必要なものを手元のお金を出して手に入れる」が大前提ですが、出されるお金の方向を変えることで、同じ金額のお金でもその中身がちがってきます。


 家族Bは、生活費10万円の支出にクレジットカードを使うことで、まずは手元に10万円が残ることになりました。



 翌月のクレジットカード会社からの引き落としに備え、家族Bは手元の10万円指定口座に入金しなければなりません。これで手持ちのお金は0円。つまり現金を使ったのと同じことになります。ただ支払い先はお店などではなく、銀行だということです。これでお金の流れの方向が変わりました。



 クレジット会社は家族Bの指定口座から10万円を回収し、カード決済された店等に代金を支払います。


 カード決済先は、手数料としてクレジットカード会社に5%程度支払うのが一般的です。ここでは分かりやすくするため手数料を5千円とすると、クレジットカード会社は5千円の利益を得たことになります。



 無事決済が終わると、クレジットカード会社は顧客である家族Bに手数料の一部をポイントとして還元します。ここまでが通常のカード決済による支出です。ただしこの段階では、まだ支出を減らしたことには至っていません。さらに一手間加えることで支出した10万円の一部が現金で還元されることになります。(次稿に続く)

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-03-30 11:26 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 03月 27日

ライフジャイロ(44)~支出の大前提~

d0334173_16324146.gif


 支出をコントロールすることで重要なのは、なるべく長続きできる方法を考えることです。涙ぐましい節約や泣く泣く何かを手放すといったやり方をとらなくても、今まで見逃してきたお金を拾うことでまとまったお金が残ります。特に今までいい加減にやってきた人ほど、この効果を実感できるはずです。


 まずごく当たり前のことから確認します。


 生活に絶対必要なもの…手元のお金を出して手に入れる


小学生でも分かることですが、これを大前提とします。


 話は変わり、総務省「家計調査年報」/2016年によれば、一月の一般的な生活に必要な食費や光熱費を合算するとおよそ10万円です。ここでは話を分かりやすくするため、この10万円を一つの支出先として仮定します。
 先ほどの大前提のとおり、10万円を収入から現金で支払うとします。支出元は仮に「家族A」としましょう。ちなみに光熱費などは金融機関での引き落としも現金払いと見なします。

10万円支払ったわけですから手持ちのお金は当然0円。生活上の取引はここで終了です。お財布の中のお金であれ、銀行に入っているお金であれ、現金で支払った場合は手の付けようがありません。手を付けるとすれば来月分の費用のどこかを節約するくらいです。無駄遣いは当然許されませんが反対にこういった節約に傾倒しすぎると、最初こそうまく行きそうに見えても同時に大きなストレスも伴います。結局何か生活に絶えず緊張感が漂い、多くの場合長続きしないことが多いものです。その結果家計が行き詰まったり、ストレスの反動で赤字路線に向かってしまっては意味がありません。なるべくならスマートに、例え少額でも毎月お金が残る家計運営をしてみたいものです。(次稿に続く)

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-03-27 16:43 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)