覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ようこそ!FP検定試験( 2 )


2017年 04月 28日

FP検定は競争試験ではない

d0334173_23100950.gif
 FP検定では幅広い知識を求められるのは間違いありませんが、決して完璧を目指す必要はありません。あくまで本番までに合格点を取る準備ができていればよいのです。ところがテキスト学習を一通り終え、問題集に取り組むと思ったように解答できなかったり、全く知らない内容に出会い、これでいいのかと不安に駆られることがあります。大学入試のような定員が決められた試験とちがい、FP検定試験は絶対評価の試験。合格点を取りさえすれば極端な話全員合格もあり得るのです。答えられないという不安は誰もが経験することですが、それを解消するために知識の幅を拡げてしまうのは愚策と言えるでしょう。検定試験が求めているものは幅広い暗記知識ではなく、実務に就いたときに欠かすことができない確固たる基礎知識です。
 FP検定のテキストは数多く出版されていますが、自分の学習スタイルに合ったものを選ぶのがコツです。学習のやり方なんて十人十色であり、それに応えるためにいろいろなスタイルのテキストが本屋に並ぶのはごく自然なことです。その中には試験範囲のカバー率をウリにしているものもありますが、何回かに一度程度しか出題されない部分にまで目を向けたからといって得点力が身につくわけではありません。確かに選択肢には見たこともないような内容が出てくる(特に2級)ことは少なくありませんが、よく見れば必須基礎知識を身につけていれば正答を得ることができるようになっている場合がほとんどです。また、ずいぶん細かい難解な部分を好んで取り上げて解説するありがたいサイトも存在しますが、検定に合格するという観点から見れば書かれている内容は余録の範疇に過ぎません。そういった部分は合格後の活動で必要に応じて身につけていっても遅くはないと思います。
 受験準備のために有り余る時間をかけることができるなら何も言うことはありませんが、多くの方は本業と平行しながら限られた時間で準備していることと思います。どのテキストでも合格に欠かせない基礎知識は必ずカバーされています。それらを繰り返し確認することこそ本当の受検対策と心得てください。

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-04-28 23:13 | ようこそ!FP検定試験 | Comments(0)
2015年 08月 13日

前置き

d0334173_18361157.jpg科目
 日本FP協会「資産設計提案業務」

<急所>とは
 FP試験の学科、実技において何らかの形で毎回必出部分を指す。絶対外すことができない項目であり、合格するための基礎スコアとなる。

<ツボ>とは
 <急所>に次ぐ重要箇所であるが、最小の努力で得点につながりやすい重要ポイント。マスターすれば多少の応用にも対応できるようになり、問題への解答力がアップする。

2級、3級について
 2級までなら、マスターすべき基本知識に大差はない。出題形式や問われ方によって各級の違いが出てくるため、最終的な問題演習でカバーするのが重要。特に2級は実技試験において問題量もさることながら計算過程がややこしかったり、多くの作業量を求められるため、要領よくこなす訓練が必須。一方で、各級によって問われる部分に傾向があり、早い段階でそれをつかんでおくと学習のスピードが上がると思われる。<急所><ツボ>で記していることは、基本的には2級、3級共通の内容である。もちろん「2級限定」「3級限定」の内容もあり、その場合はその旨を表記させていただく。

学習のコツ

 テキストによる知識のインプットが学習の原点。最初から暗記することばかり意識すると広い試験範囲に沈むことになる。テキストを一通り読み進めたら、2回目は取っつきやすそうなセクションから内容チェックと暗記作業に取り組むのが正道。できたら基礎スコアになる部分を一通りチェック&マスターし、続いてツボに当たる部分を同じように取り組むと効率がよくなる。相手は試験なので、その後は問題演習→テキストチェック→問題演習…の繰り返しで全体の記憶を定着させる。最終目標は「70%超え」、すべてをカバーする完璧主義は必要ない。常に多少の余裕を持って突破できるような柔軟さが大切だと思う。

  FP試験<急所1>

  FP試験の急所・ツボ(一覧)
 

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-08-13 17:28 | ようこそ!FP検定試験 | Comments(0)