覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察①~序章「一攫千金」~

d0334173_17465838.jpg 「一攫千金」のことわざの如く、人生の中で一度に多額のお金を得ることがあります。「宝くじが当たった」「懸賞に当たった」「競馬で大穴を当てた」等、金額に差はあるにしろ、そういうことが起こるのは事実です。また、「生命保険金が支払われた」「遺産を相続した」等も同じことです(ただし所得の種類は異なります)。個人的な感覚で言えば、この手の所得(いわゆる一時所得)がだいたい10万円を超えると大金というイメージがあります。それでは、一時所得によってどんなことが起こるのか…、FPの観点でトレースしてみようと思います。
 話をわかりやすくするため、極端な例ではありますが、宝くじが1億円当たったとして話を進めてみます。

Contents
①序章「一攫千金」
②税金
③難関
④実験
⑤末路
⑥終章「豊かさの振る舞い」

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:58 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察②~税金~

d0334173_17460864.jpg まず税金ですが、宝くじは無税、納税の義務は発生しません。これは宝くじを買う段階で既に税金に替わるお金を支払っているからです(バクチ用語でいうテラ銭。胴元への手数料)。他にもノーベル賞の賞金も、獲得までの苦労や時間金銭面を考慮し、無税となっています(ただし、ノーベル経済学賞だけは賞金の出所の関係でこれに当てはまらないそうですが、実際日本人が受賞した場合は同じ扱いになるのではないでしょうか)。一方競馬や競輪、懸賞等は、一時所得として課税対象になります。ですがおざっぱに言うと、一度に50万円以下ならまず心配ありません。

Contents
①序章「一攫千金」
②税金
③難関
④実験
⑤末路
⑥終章「豊かさの振る舞い」

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:26 | Comments(0)
2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察③~難関~

d0334173_17462321.jpg 宝くじで大金を手に入れるとどうなるのか。納税の義務は無くとも当選者には次の難関が待っています。


 ・自己顕示欲
 ・限界効用の逓減


自己顕示欲

 幸運を掴むのはなかなかできないもの。それ故、それが自分に起こると無性に誰かに話したくなるものです。人からすごいと言われたい、褒められたいという心の動きこそ押さえ難い自己顕示欲の始まりです。たとえ少額でも当選経験者ならこのことは十分納得できると思いますが、この「見せびらかし感情」がなかなかやっかいです。仮に誰かに宝くじが当たったことを話すと、周りの人の見方が変わってきます。それ以後はお金を出し渋りにくくなったり、気の進まないつきあいでも断りずらくなります。つまり、人からケチだと思われたくない、よく思われたいという欲求が働き、やがて浪費が始まるということになります。

限界効用の逓減
 たとえば学生時代夏の部活動後に飲む冷たいコーラは、1杯目はものすごく美味いものです。ところが2杯目、3杯目と飲むうちに、最初の美味しさは薄れていき、1杯目の満足感を維持することができなくなっていきます。これが「限界効用の低減」、最初の悪魔的な満足感は徐々に薄れていきます。コーラくらいなら打ち止めで手を打つことができますが、お金を使うことに置き換えると更に上を望むようになります。宝くじ当選者はそれができてしまうため、どんどんお金を使うようになり、やがて持ち金をすべて使い果たし一文無しになるというわけです。自分はそんなことはないと思う人がほとんどだと思いますが、多くの場合、宝くじ当選者が不幸な末路をたどるというのは嘘ではないようです。


 人間の欲求に限度はありません。将来の生活が不安で、仮に3000万円必要だとして、生命保険金で実際に3000万円が手に入ったとしても、不安が払拭されることはく、そこからまた新たな不安が生まれ、更に上を望むようになり、危ない投資に手をつけたり、うまい話に乗ってお金を失ってしまう人が出てくるのです。所詮は一攫千金、一時の所得だということを理解し、自分を守る術を意識していくことが大切だと思うのです。

Contents
①序章「一攫千金」
②税金
③難関
④実験
⑤末路
⑥終章「豊かさの振る舞い」


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:24 | Comments(0)
2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察④~実験~

d0334173_11380423.jpg 去る10月25日の京都競馬「菊花賞」で、幸運にも3連単38,880円を300円で的中しました。他の買い目もあり購入金額合計は1,000円でしたが、純利益は115,640円。宝くじの高額当選にはとうてい及びませんが、私にとってはまさに大金、「自己顕示欲」「限界効用の逓減」の実験にはもってこいの題材です。

 大手をふるって競馬に戯れていた一昔は、的中金額で誰かに夕食を奢ったり、翌日の職場で高級菓子などを振る舞っていました。まさにすごいと言われがたいための行為、自己顕示欲丸出しでした。盛りを過ぎ、世の中がある程度見え出した今、この行為を慎んでみることにしました。

 翌日の職場では、案の定競馬好きの同僚がどんどん話しかけてきます。内容はどれも即席評論家よろしく似たような「タラレバ」話ばかり。その度に心は疼き、前日の的中のことを話したくてしかたありません。その後も一週間くらいは湯茶室でほんの一息していて誰かに会うたびに、打ち明けたい欲望が首をもたげました。10万円ちょっとでこれですから、宝くじ等の高額当選ならどうなっていることか想像に難くありません。こうやって最初の小さな自己顕示欲から大金のことが他人にバレていくのがよくわかります。

Contents
①序章「一攫千金」
②税金
③難関
④実験
⑤末路
⑥終章「豊かさの振る舞い」


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:22 | Comments(0)
2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察⑤~末路~

d0334173_17463069.jpg バレるだけならいいのですが、いったん大金を手に入れたことが発覚すると、出費をセーブしにくくなります。というのも、節約はお金が無いからできるのであって、お金を持っていることを周りのみんなが知ってしまった状況ではそれが通用しません。億年俸のプロ野球選手の奥さんがスーパーで特売の肉をかごに入れていると、見ず知らずの人から「金持ちがそんな肉買うのかね…」と囁かれ、心身ともに疲れ果てたなどという話があるくらいですから、周りの人間のねたみとは恐ろしいものです。プロ選手として働いた対価で得たお金でも、です。だから他人にはお金の自慢をしてはいけないということなのです。

 今回は10万円ちょっとですので、バレても笑ってごまかせる金額であり、「限界効用の逓減」になるほど派手な消費はありませんでしたが、現金が口座に入っているのは事実です。以前ならこれでまた余裕で競馬が打てると考え、翌週から「再投資」していたと思います。ですが、さすがに何度も痛い目に遭ってきた経験もあり、今年の「出費分」(所謂負け分)を補充し、残りは社内貯金に預けることにしました。こうすれば競馬はちょぼちょぼペースながらまた振りだしから楽しめますし、利益分はわずかながらも半年ごとに不労所得を生み出してくれると考えたのです。元金が減らない限り一生ものです。ずいぶんスケールが小さい話とお叱りを受ける向きもありますが、このスタイルこそが大金を手にしたときに大切です。言い換えれば、今の生活レベルを変えずに豊かに暮らすことを考える、これが本当の豊かさだと考えています。

Contents
①序章「一攫千金」
②税金
③難関
④実験
⑤末路
⑥終章「豊かさの振る舞い」


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:20 | Comments(0)
2015年 11月 29日

一時所得の実験と考察⑥~終章「豊かさの振る舞い」~

d0334173_17450770.jpg では、本当に大金を手にしたらどうすればよいか…。そんなことはまずあり得ないのですが、それを目指すこと自体、充実した人生に活力を与えてくれます。金持ちにはならなくとも、金持ちを目指す努力を欠かせないことこそ、人生を前向きにしていくと信じています。だから考えたいと思います。


1)借金を清算する
 金融行為で最も効果的なのは、繰り上げ返済をすることです。お金を預けるよりも借りる方のがはるかに高い金利であり、それが戻ってくるのですから当然です。


2)一つだけ大きい買い物をする
 お金の使い方が派手になるだけで、周りの人は疑い始めます。「今までと違うぞ、何かで儲けたんじゃないか…」と噂が噂を呼び、やがてバレたも同然状態に陥ります。とは言ってもせっかくあるお金、墓の中まで持って行くことはできないのですから少しは使うことも考えておかなければなりません。たとえば自分は車が好きですから、今までカタログを眺めるだけだったスポーツカーを購入すると思います。万一人から聞かれても、「いやあ、これが最後と思って思い切ってローン組んで買っちゃった。毎月の支払いが怖いけどね」などと自然にかわすことができます。大きな買い物はその程度で考えておくのが得策でしょう。


3)残りは短期金利の金融商品に預ける
 大金があるからと言って使ってしまっては、「限界効用の逓減」の理論でもわかるようにやがて「残高ゼロ」、しかも近い将来に迎えることになります。大金が手に入っても自分は自分、何も変わらないのです。ですから既述のとおり今の生活レベルを大幅に変えず、豊かになることを考える。そのためには半年くらいの単位でわずかながらも不労所得が降ってくる生活をベースにするのが正道ではないでしょうか。

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-29 11:18 | Comments(0)
2015年 11月 24日

謝食道(13)明治亭 ~長野県駒ヶ根市~

 ご飯の上にキャベツを敷き、その上にソースがたっぷりかかった分厚いとんかつを載せ、ハイ、「ソースカツ丼」のできあがり。でも、メインのとんかつを生かすソースの味がいい加減だとくどくて胃のもたれる丼物になってしまう。以前スキー帰りに食べたソースカツ丼がそんな代物で、職場の同僚にそのことを話すと、即答で駒ヶ根の明治亭を推挙してくれた。運ばれてきた丼には厚めのとんかつがキャベツを敷いた飯の上に鎮座し、自家製のソースがまんべんなくかけられている。味噌汁に箸をちょっとぬらし、厚めのカツ一切れをほおばると、以前のトラウマが吹き飛んだ。カツ肉の美味さを壊さないソースの味に感謝。

 猪葉月某日 明治亭(長野県駒ヶ根市赤穂898-6)

   → home d0334173_20325559.jpg
[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-24 21:35 | Comments(0)
2015年 11月 23日

FP試験<ツボ16>投資信託の分類

 投資信託の分類に関する知識は、多くの場合学科試験で登場します。参考書によっては細かい所まで言及しているものも見受けられますが、毎回出題される部分はほぼ決まっています。赤字のキーワードをしっかり結びつけておけば答えられるものばかりです。

1)投資対象による分類



 「公社債投信は株式投資すべてNG」とだけ解釈しておけば要領を得る覚え方になると思います。

2)運用スタイルによる分類



 英語の意味から結びつけて理解しておくのが確実です。特に「アクティブ運用」にはいろいろなスタイルがあり、さらに掘り下げた内容が出題されます。下記の内容、特に赤字のキーワードだけしっかり押さえておいてください。

3)アクティブ運用の分類



 「トップダウン」の関連ワードとして「マクロ的」という言葉が使われることがありますが、そもそもは「鳥瞰的」と訳され、鳥が獲物を探すために上空から地上を眺めるというイメージです。上空から経済活動全体をまず眺め、そしてこれはと思う銘柄にアプローチするということです。



 英語の意味からイメージできるようにしておくとよいと思います。

   FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-23 11:43 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2015年 11月 21日

FP試験<急所17>株式投資に関する指標①~「PER」「PBR」~

 株式投資の基本は「配当利回り」、銀行の預金利率にあたるものです。ただ、預金のように金利が確定されていないため、「利回り」という形でとらえるわけです。
 預金の利率は、算数、数学で学んだ「割合」の如く”得た金額(金利)÷元金”で求めるのですから、”株式投資で得たお金(配当金)÷所有株価”と読み替えることができます。更にわかりやすくするために、1株あたりで算出するのが「配当利回り」です。



株価が分母になることも、視覚的にとらえておくと、試験本番でのケアレスミスを防ぐことができます。

 続いてPER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)を覚えます。どちらも級を問わず必出ですので絶対落とさないでください。理解して覚えるのが難しい場合は、割り切って株価の位置を基準に暗記して時間を節約しましょう。



<設問例>
 株価が200円、当期純利益が40億円、発行した株式が2億株の場合のPER(株価収益率)は( )倍である。

【解答】
 40億円(当期純利益) ÷ 2億株(発行済株数) = 20円…1株あたりの純利益
 
 ∴200円 (株価)÷ 20円(1株あたりの純利益) = 10倍



<設問例>
 株価が400円、純資産が80億円、発行した株式が1億株の場合のPBR(株価純資産倍率)は( )倍である。

【解答】
 80億円(純資産) ÷1億 (発行済株数)= 80円…1株あたりの純資産

 ∴400円(株価)÷ 80円(1株あたりの純資産) = 5倍

検定試験では、この2つが「横綱」級の出題ポイントです。なお、PBRの純資産」の部分は、検定では「自己資本」と同じ意味と考えて差し支えはありません。万一問題文に「純資産」の文言が無くても慌てないようにしましょう。

 FP試験<急所17>株式投資に関する指標②~「ROE」~に続く

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-21 11:59 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2015年 11月 21日

FP試験<急所17>株式投資に関する指標②~「ROE」

 既述の「PER」「PBR」が横綱級とすれば、本述の「ROE」(自己資本利益率)は大関クラスの出題材料になります。ポイントは、『自己資本=純資産』と押さえておくことです。


<出題例>
 株価が300円、税引き後当期純利益20億円、純資産が100億円、発行済株式数が1億株の場合、( )は20%である。
 1.PBR
 2.ROE
 3.配当利回り

【解答】
 20億円 ÷ 100億円 ✕ 100 = 20%(=ROE)  正解:2

 問題によっては、「当期純利益」の部分を「経常利益」などと列挙して惑わせるパターンもありますから、「利益」の文言を確実に押さえておいてください。

   FP試験の急所・ツボ

[PR]

by fp2-kojiro | 2015-11-21 11:56 | Comments(0)