人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 30日

ライフジャイロ(11)~医療保険の本当の役割~

d0334173_14210000.gif 「生命保険」はピンと来なくても、「医療保険」ならわかりやすい。自分が死んだときのことを考えるよりも、病気になって入院することの方がイメージしやすいため、保険会社としても売りやすい商品なのでしょう。最近ではがん保険を含め、様々な特約(保険のおまけ)をつけた医療保険のCMが目に付くようになりました。
 「医療保険」は自分が病気になって病院に長くお世話になるために入るものではありますが、あくまで入院治療が原則です。「通院にも対応…」と記されている場合でも、よく読むと入院前後の通院だったりすることが多いのです。ところが厚生労働省の調査によれば、外来(通院のみ)と入院の患者者数を比較すると、圧倒的に通院患者が多く、医療が必要となる高齢層ではその差は開く一方です。あくまで確率論ですが、自分が病気になった場合に入院になる確率は、外来に比べると遙かに低いと言えるのです。
 医療保険に入っていると安心という感覚は誰しもあり、年齢が若いうちに入れば保険料も比較的手頃なため「まあいいか」と見過ごされやすいのです。しかもほとんどの場合掛け捨てですから、保険会社にとっては安心を盾に売りやすくて解約されにくく、結果利益を上げるにはもってこいの商品なのです。

 (例)
 <契約内容>入院給付金5,000円/日、手術給付付き、1入院あたりの上限60日
 <払込期間>80歳まで
 <契約時年齢>40歳
 <保険料>2,000円/月

・80歳まで40年間支払うとすると
 2,000円✕12ヵ月✕40年 = 960,000円…①

・保険料だけで入院できる日数
 ①÷5,000円 = 192日

 この例で言えば、一生涯で約200日入院しないと40年間支払った保険料の元を取ることができないことになります。しかも「1入院あたりの上限60日」ですから、60日を超えてしまうとそれ以降は給付金が支払われないのです。またほとんどの場合は、一度退院してから決められた期間(90日、180日など)を経過しないと新たな入院として認められないことになっていますから、この条件下で60日入院を4回繰り返してはじめて保険料を回収できます。医療保険の保証があまり現実的ではないのがお分かりいただけたと思います。
 医療には確かにお金がかかり誰もが不安を感じるのは当然ですが、高額療養制度により自己負担額はある程度押さえることができますし、高額と思われがちながん治療のほとんどは健康保険の対象なのが現状です。また先進医療の治療も誰もが受けられるとは限らず、むしろ受けられないことが多いのが現実です。ですので、医療保険で医療費に備えることはほぼ不可能です。
 ただ、実際病気になった場合、多数人部屋では都合が悪い場合もあります。数年前になくなった実父の時も、病気の性質上相部屋では落ち着かず、結局個室を選ばざるを得なかった経験があります。いわゆる「差額ベッド代」ですが、これは保険の対象外のため、医療保険に入っていれば安心して選択できることになります。平均部屋と個室との差は一日あたりおよそ5,000円ですから、医療保険で対象外の費用を賄えるというわけです。これが医療保険の本当の役割なのです。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2016-07-30 15:59 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2016年 07月 17日

ライフジャイロ(10)~通院入院は月初め開始がよい~

d0334173_10150182.gif 健康保険の加入により、病気等の自己負担は3割。風邪や虫歯などの軽度なものであれば経済負担は少ないですが、入院や長期通院となれば自己負担も高額になるもの。例えばある病気で入院し、医療費が50万円かかったとすると、自己負担分は

 50万円✕0.3=15万円

となり、結構な額になります。ところが健康保険には「高額療養費制度」があり、自己負担限度額(自己負担額を手助けする基準)を算出し、その額を超えた自己負担分を払い戻してくれるようになっています。会社員で家族の誰かが入院し、しばらくして給与口座にまとまったお金が入っている経験がある人もいるのではないでしょうか。正体はこの制度による払戻金です。一般所得者の場合は以下の計算式になります。

 「自己負担限度額」=80,100円+(医療費ー267,000円)✕0.01

例えば既述の例(医療費50万円、自己負担15万円)の場合は

 ・80,100円+(50万円ー267,000円)✕0.01=82,430円…(今回の自己負担限度額)
 ・15万円ー82,430円=67,570円…(払い戻される額)

 今回の例は入院でしたが、通院であっても適用され、同じ保険に加入する家族の分も合計することができます。会社員や公務員の場合は自動給付される場合がほとんどで、国保の場合は一定の手続きによって限度額のみの窓口支払い(払い戻しの手続きを省略するため)になります。
 医療費が高額な場合に備えて医療保険をと考えるなら、こういった制度を考慮してからにしましょう。最近では実際にかかった分だけ補填してくれる「実損補填型」の保険も販売されていますが、この制度に対しては極めて合理的な商品と言えます。
 ただし、自己負担限度額の計算は期限があり、暦の1ヵ月です。つまり医療にかかった月の1日から末日までの医療費で計算することになっています。ですから、入院の日を選ぶことができる場合はなるべく月初めにしておき、同じ月に収まるようにしておくと払い戻し額が多くなるというわけです。歯の治療でも通常はその後も通院することが多いので、なるべく月初めに治療を始めると、会社の福利厚生の医療費互助会等の制度があって高額療養制度に準じているなら、医療費がたくさんかえってくる場合が多いのです。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2016-07-17 11:24 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2016年 07月 10日

謝食道(22)浅草軒分店 ~静岡県浜松市西区~

 東海道から浜名湖の舞阪漁港へ続く狭い道をたどる途中に「浅草軒分店」という店がある。現地に着いたときはまだ昼の11時ちょっと過ぎだったが、既に店の前には5、6人の列ができていた。大きな看板もなく、商売には不利な立地条件をもいとわないその小さな店のメニューは「中華そば」と「ぎょうざ」のみ。シンプルながらも丁寧に盛りつけられた中華そばは、味の相乗効果を生かした好バランスな一品。何の味かわからないけれどとにかく美味しいラーメンだった。嬉し顔で麺とスープをいただき、最後はとっておいた3枚のチャーシューをコショウを振りながら1枚ずつほおばった。昔懐かしいラーメン屋さんの味に感謝。
d0334173_14290083.jpg
 申文月某日 浅草軒分店(静岡県浜松市西区舞阪町舞阪1901-1)

  → home



by fp2-kojiro | 2016-07-10 05:34 | Comments(0)
2016年 07月 09日

ライフジャイロ(9)~相続時精算課税制度の本当の活用法~

d0334173_09570192.jpg 親世代の財産を早めに子世代に贈与する際、「相続時精算課税制度」を利用すると、2,500万円までは贈与税が非課税になり、超過分は一律20%の課税になります。ただし、暦年課税(贈与年110万円の基礎控除)には戻れなくなります。


 贈与税はただ単にお金をもらうだけなので、税率もかなり高く設定されています。話を分かりやすくするためシンプルな例で仮に1,000万円で比較すると


 贈与税:1,000万円×40%-125万円=275万円
 相続税:1,000万円×10%=100万円


となり、両者の開きは175万円にもなります。
 しかしながらあくまで現金でのお話で、この制度には贈与財産の種類に制限がなく、現金の代わりに金や不動産などの物的財産を贈与してもよいことになっています。しかも相続時に課税される場合は、贈与時の価格で計算されるのですから、この点を利用すれば大きい財産を少ない課税で子世代に渡すことが可能になります。
 たとえば500万円の金地金をこの制度で贈与し、何年か経って相続が発生した時には相場で800万円になっていたとしても、相続税の計算では500万円として課税され、差額分課税遺産を下げることになります。相続税の基礎控除(相続税をかけない金額)が下げられた今、残された遺族に高額な相続税が発生するケースは増えています。納税は「現金一括」が原則ですから、この制度を利用しておけば、遺族の負担を少しでも減らすことができるのです。ただ、物的財産はあくまで相場が相手ですから、それなりの経験と先見の明がないと万事うまくいくとは限りません。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2016-07-09 10:06 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2016年 07月 03日

ライフジャイロ(8)~給料天引き社内預金のメリット~

d0334173_12061825.jpg 給与所得者がお金を貯めようと決意するとき、天引き貯金を利用することは一般的な定石でしょう。あらかじめ決めた貯蓄分を先に差し引いた残りの予算で一月をやりくりすることは、地道ながらも自分の生活を引き締める効果があります。そのことによって、物を買うときにも本当に必要なのかを考える癖が付き、結果無駄遣いを回避できるようになります。預金額はだいたい手取りの15%を目安にしましょう。住宅ローンなどを抱えている場合は、その半分くらいで設定すると無理が無いと思います。
 天引き貯金のメリットといえば、払い出しに手間がかかるゆえ、残高を維持しやすいことは言うまでもありません。それがいい足かせとなり、いつの間にか貯まっているという具合ですね。ただメリットはそれだけではありません。労働基準法第18条により、社内預金は利率を0.5%を下回ることができないことになっています。しかもほとんどの場合半年複利で日割り計算ですから、万一払出しをする場合でもそれまでの利子がきちんと計算されるようになっています。マイナス金利がまかり通る今の金融市場の中、これはサラリーマンの特権と言えます。数年前から何となく続けている定期預金をマイナス残高にしているくらいなら、天引きの額をうまく調整してその分を社内預金に移し替えましょう。手続きこそ面倒ですが、面倒なことをすることで新たな利益を掴むことができる、これは手間の対価といっても差し支えないのです。
 デメリットとしては預金額の上限が決まっていること。大概の場合は1,000万円までとするところでしょうが、一般家庭においては十分すぎる上限ですからデメリットと言うほどのことではないでしょう。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2016-07-03 13:24 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2016年 07月 02日

投資とギャンブル

d0334173_07385790.jpg ここ数年銀行に預けても全然お金が増えないという理由から、投資に関心を持つ。誰でも少なからず考えることです。しかし投資は決して預貯金の代わりではありません。大きなちがいは「損をしても文句が言えない」ということです。この点で考えればギャンブルと相通ずるところがあります。
 投資の代表的なものとして「投資信託」があります。株式やFX等とくらべて比較的安全なイメージがありますが、やっていることはほとんど同じです。また、投資でお金を増やすためには、浮遊資金と長い時間が必要です。ですから当面使う予定のないお金があるといった余裕のある方に向いています。ところがこの手のパンフレットを見ると「少額から始められる」「専門家が運用する」「リスクを分散」というキーワードから、自分でもできるのではないかと考えてしまいがちです。有名俳優のCMや「ゆうちょ銀行の…」フレーズを見ればなおさらです。
 最近ではセーフティネットの法律が整備され、詐欺まがいの取引は少なくなりましたが、投資を勘違いしている方はまだ多く存在するようです。その名のとおり、「産をげ打つ」のですからこの先無くなってしまっては困るお金は不向きです。多くの人はこの点を取り違えて投資信託に足を踏み入れるも思った以上に運用益を得られなかったり元本割れに直面し、やがて「普通の私が月〇〇万円を稼ぐ…」等に代表される株式、FX等の指南本に目を向け、何とか損を取り返そうと考えるのです。
 なぜこんなことになるのか。それは人間の欲に限りが無い故、投資にも終わりがないからと言えます。自分が欲しいロレックスの腕時計が200万円だとして、それを買うために株式投資で200万円儲けるまでがんばるぞという人はまずいません。あればあるだけ儲けたいというのがほとんどで、その営みに終着駅はありません。ここが問題なのです。
 ギャンブルだって同じです。年数回の競馬のGⅠにわずかな小遣いを賭けるくらいなら問題ありませんが、毎週利益を上げようと研究実践したり、暇な時間をパチンコに通う等の常習行為は、言ってみればゴール無きマラソンです。FX等ならロスカットなどの資産を保護するシステムがあり、とりあえずピットインさせてくれる(同時に儲けるタイミングも取り上げられる)のに対し、ギャンブルにはそれが無いため、破産によるリタイヤしかないというだけで、二つの営みは大差がありません。かく言う拙筆者の実体験ですから内容は極めてリアルです。
 お金を増やそうとする前に、身の回りの無駄金(社会のシステムを知らずに損をしていたものも含む)を見直したり、生活スケールを無理なく減らすことから始め、浮いたお金で豊かさを感じる部分を作り出す。そういったものが世の中には意外に多く存在します。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2016-07-02 09:58 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)