覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 28日

ライフジャイロ(37)~遺族年金の基礎知識でファイナンスエコロジー~

d0334173_14154444.gif
 一般の家庭で子育てに備え定期保険を検討する場合、保険金額をどのように決めたらよいか迷うところです。本格的に考え始めると心配材料は尽きませんが、社会保険で不足する部分を民間の定期保険で補うというのが正しい考え方です。つまり「遺族年金」の仕組みをしっかり理解することが大切で、そのことにより生命保険の保険金額を正確に引き出すことができます。
 通常20歳以上で一定の期間年金保険料を納付していれば、死亡した場合には「遺族年金」が給付されます。遺族年金には原則「基礎」と「厚生」で条件によっては他にも種類がありますが、まずは全国民が被給付可能な「遺族基礎年金」をしっかり把握することから始めましょう。遺族年金の給付を受けるには大きく3つの要件が関わります。「受給要件」、「保険料納付期間要件」「受給範囲」の3つです。

受給要件
 どういった場合に年金を受け取ることができるかということです。すでに老齢年金を受け取っていたり、受給資格期間(納付および免除合算25年以上)を満たしている人が死亡した場合に遺族年金が下りることは、保険料を納付しているのですからイメージしやすいと思います。ではそれ以外の現役世代はどうなるのか、知らなければきっと疑問に思うことでしょうが、原則下記の「保険料納付期間要件」を満たしていれば年齢に関わりなく第1子がいる場合誰でも同じ年金額(平成29年度現在 年額¥779,300+¥224,300)を遺族に残すことができます。これに第2子までは年額224,300円、第3子以降は74,800円が加算されます。

保険料納付期間要件
 原則では「死亡した月の前々月までに被保険者期間がある場合は、全被保険者期間の2/3以上あること」とあります。被保険者期間とは、納付済期間に免除期間(年収不足等で納付を免除される期間)を合わせた期間であり、その中で未納期間があったとしても最大1/3までなら遺族基礎年金の受給は可能だということです。

受給範囲
 遺族基礎年金を受けることができるのは、以下のどちらかの遺族です。
 ①18になって最初の3月31日までの(高校生なら3年生の3月末まで)
 ②18歳になって最初の3月31日までのを持つ夫、または妻
 第1子が高校生なら卒業後新しい年度に入った時点で受給は終了となります。第2子以降がいる場合は繰り上げ受給(第2子が第1子になる)が続きます。

 一般的に考えると、子が高校を卒業するまでは年間約78万円の公的生命保険金を受け取ることができるということです。第2号被保険者(主に給与所得者)ならこの金額に「遺族厚生年金」が加算されます。

 万一の事に対するお金について考える場合は、まず子が親の手を離れるまでどのくらいのお金がかかるかを試算し(「生命保険文化センター」のHP等で調べればすぐに分かります」)、遺族年金を基礎として不足と思われる金額を生命保険で補うようにしましょう。子の年齢が上がるにしたがって保障金額は減っていくこともお忘れなく。結果予定よりも浮いた分が出れば貯蓄等に回して「ファイナンスエコロジー」につなげましょう。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-05-28 14:33 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 05月 22日

保険の解剖学(9)~U-29 by ブライトWay~

d0334173_09174685.gif
保険商品名
 U-29 by ブライトWay(第一生命)

商品の内容
 5年ごと配当付き終身保険

特徴
 終身保険を主契約として、将来考えられるリスクをすべて定期型保証特約で設計する総合的な保険。

この保険のキモチ
 ”U-29 by…”としてTVでは将棋のCMでお馴染みの保険ですが、中身は「ブライトWay」という「定期保険特約付終身保険」、いわゆる”セットもの保険”です。 顧客がリスクごとに保険を検討する手間を考え、まとめて面倒見ましょうというのがコンセプト。

契約へのふるまい
 定期保険特約付終身保険とは、終身保険を主契約としてこれに定期保険の特約を付けることで、一定期間の死亡保障または重度な所定の状態(ガン、労働制限、後遺症など)の保証を厚くした商品です。この保険はその主契約部分の保険金額をわずか1万円(死亡時1万円給付)とすることでその保険料を20円そこそこという破格に抑え、その分を特約に回すように設計されています。「終身保険」という名称ですが、ほぼ掛け捨ての定期保険と考えていいでしょう。
 特約には死亡、身体への備え、入院手術の備え(医療保険関係)が取りそろえられていますが、契約は死亡定期保険(逓減型、遺族収入保証型を含む)、または身体への備えである「特定状態(所定条件下の3大疾病、要介護、身体障害など)保証定期保険」「特定状態収入保証」のうちどれか一つ以上を付加することが条件で、入院手術関連の特約のみでは契約できません。ですから契約をするなら、例えば20歳代で「定期保険特約」を付加しようとする場合、この先10年の間の死亡で1,800万円もの保険金が本当に必要なのか、また誰にそのお金を残すのかを考える必要があります。セールストークにあおられてあれもこれも特約を付加してしまうと、必要のないものに毎月掛け捨てのお金を支払うことになります。
 それから20歳代での備えとは契約条件にある病気ケガよりも、現代ではむしろ精神疾患のリスクの方が多いのではないでしょうか。仕事や人間関係が複雑になった今では、若い方が鬱病等を患い経済的なリスクを背負う例は少なくありません。確かに精神疾患に関する線引きはケースによって曖昧なのかもしれませんが、多くの会社はこの点を保証することに消極的です。若いうちのリスクとして生命保険をセールスするなら、何らかの形で時代に寄り添った部分があってもいいと思います。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-05-22 11:22 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)