覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 29日

高校生からのファイナンシャルプランニング(13)~クレジットカード~

d0334173_12370627.gif
 学生を卒業し独立すれば、家賃をはじめ光熱費や通信費など生活に必要な固定費を負担しなければなりません。今はほとんどのものが口座振替(銀行引き落とし)ですが、「クレジットカード払い」が可能なら是非それに切り替えましょう。
 「口座振替」ではお金が引き落とされるだけで終わりですが、クレジットカード払いならポイントが残ります。ポイントの価値自体はわずかですが、1年経つとまとまったものになります。一例として光熱費、通信費の一月平均が5万円だとして、それらをクレジットカードで支払うと


 5万円×12ヵ月=60万円


クレジットカードのポイント価値にあたる「還元率」は最低でも0.5%ですから、端数を考えずに単純計算すると、


 60万円×0.005(0.5%)=3,000円


わずか3千円ですが、銀行の利息ならスーパー定期(300万円以下)で200万円近くが必要です(2017年10月29日現在)。大切なのは、わずか3千円とはいえ、自身の工夫でそれを作り出したことです。そこに喜びを感じることこそ、小銭を馬鹿にせず豊かさを見つけるきっかけになります。最近ではクレジットカードのポイントを別のプリペイドカードのポイントにチャージしてくれるものもあります。これならポイントを別の買い物に使うことができ、浮いた分はそのまま財布に残ることになります(例:ライフジャイロ(3)~プリペイド型クレカで金利効果~)。

 とはいえ、クレジットカードというと使いすぎを助長するため、持たない方がよいという考え方もあります。ですがそれは自身の経済スケールを意識しないために、それ以上の買い物をしてしまうからです。いくら使っているのか分からないままカードで支払いをするというのは、間違った使い方です。クレジットカードはお金がないときの救世主ではありません。ですから最初は持ち歩かず、生活費をはじめ、生命保険料や家賃といったものを含めた固定費支払いに活用してみてください。ただしクレジット払いOKでも、別途手数料を取るものは避けるべきです。還元率よりも遙かに高いお金を別に支払っては本末転倒というものです。また、クレジットカードは年会費無料で常時還元率のよいものを原則1枚契約し、そこに支払いを集中させるようにしましょう。そしてある程度慣れてきたら、スーパーでの食料品購入に使うようにするなど、自身の経済スケールを把握する練習をしていくと、より多くのポイントの恩恵を感じることができるようになります。

  カテゴリーTOPへ

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-29 12:45 | 高校生からのファイナンシャルプランニング | Comments(0)
2017年 10月 25日

過去問のツボ押し~損益通算~

2017年9月2級学科試験より
d0334173_19132530.gif

 損益通算の問題の基本は次の2つです。


  ・「ふ・じ・さん・じょう」


ふ(動産所得)、じ(業所得)、さん(林所得)、じょう(渡所得)の間でプラスマイナスを精算(損益通算)できる。


 不動産所得(▲50万円)+事業所得(▲80万円)=▲130万円


 ・「トシコの土地は通れない」


トシコ=(利子)、土地=(土地取得の借入金)、通れない=(算できない)。すなわち、「土地を取得するための借入金の利子は通算できない


 不動産所得-利子=▲(50万円-30万円)=▲20万円
 事業所得=(▲80万円)
  →損益通算(損失の合計)=▲100万円


∴300万円(給与所得)-100万円(損益通算)=200万円 (正解:2


 損益通算の問題は代表的な必出事項ですが、出題はあくまで基本的な内容を問うものばかり。落ち着いて読んでいけば必ず得点できます。

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-25 20:04 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2017年 10月 24日

謝食道(39)さんか亭~岐阜県各務原市~

 所用先の各務原市で立ち寄った「さんか亭」で、カニクリームコロッケをいただいた。コロッケなんかを外で食べるのもずいぶん久しぶり。思えば最近の昼食は安易に麺類や丼物で済ますことが多かった。出されたクリームコロッケは、思いの外大型で、揚げ具合の良さがすぐ分かる明るいきつね色の衣。箸で割ると中身からは香りのよい熱い湯気があふれ出る。その熱々のクリームソースは適度に塩味が効いていて、定食のご飯によく合うものだった。

 酉神無月某日 「さんか亭」(岐阜県各務原市蘇原青雲町5-52)
d0334173_17591921.jpg


 →home



[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-24 22:23 | Comments(0)
2017年 10月 24日

謝食道(0)「謝食道」則

d0334173_20541786.jpg謝食道とは
・実食主義
・食を通じて幸せを感じる瞬間を大切にする。
・素材本来の味を大切にする料理を尊敬する。
・万人受けの味をつまらないと思う。
・味に込められた料理人の主張を感じるように努める。
・時には料理を作る立場に立つ。
・手に入れた食材に感謝の気持ちを忘れない。
・温故知新

 ~Contents~
謝食道(1)野方ホープ軒
謝食道(2)Cafe柿の恵み
謝食道(3)かねま
謝食道(4)親子丼専門店中村屋
謝食道(5)名物元祖長浜ラーメン
謝食道(6)山中羊羹舗・喫茶あずき
謝食道(7)釣り魚の刺身
謝食道(8)It dies.黒田屋
謝食道(9)串焼き とん
謝食道(10)市ちゃん飯店
謝食道(11)支那そばや日歩未
謝食道(12)手打うどんそば まつや
謝食道(13)明治亭
謝食道(14)支那蕎麦 来々軒
謝食道(15)杏亭
謝食道(16)キネマ食堂
謝食道(17)メバルの刺身
謝食道(18)しのぶ庭
謝食道(19)そば処藤村/寺田物産
謝食道(20)角三
謝食道(21)itamen(イタメン)
謝食道(22)浅草軒分店
謝食道(23)さば煮食堂今井
謝食道(24)丸デブ総本店
謝食道(25)とんかつ井筒
謝食道(26)中西屋食堂
謝食道(27)つむぎ食堂
謝食道(28)ラーメン栄光
謝食道(29)朝日屋
謝食道(30)カサゴの煮付け
謝食道(31)信濃屋
謝食道(32)釣イサキの白子ポン酢和え
謝食道(33)こもり食堂
謝食道(34)手打ちうどん かとう
謝食道(35)さか枝(さかえだ)
謝食道(36)山東
謝食道(37)牡丹園
謝食道(38)ホームラン軒
謝食道(39)さんか亭
謝食道(40)百老亭
謝食道(41)山田屋
謝食道(42)楽縁
謝食道(43)酒井亭
謝食道(44)とんかつや
謝食道(45)そば切桔香草
謝食道(46)鈴福/一石庵
謝食道(47)かつしか
謝食道(48)天天有/共楽園


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-24 22:22 | Break Time(FPの昼休み) | Comments(0)
2017年 10月 22日

高校生からのファイナンシャルプランニング(12)~貯蓄~

d0334173_09120178.jpg
 社会人になったら、少しでもいいので貯蓄をしましょう。ただ、闇雲に毎月~万円を貯金してもなかなか増えない残高に嫌気がさし、ちょっとしたきっかけで使ってしまう結果になりがちです。使い道を考えてお金を貯金するようにすることで、こういったことを避けやすくなります。


 貯蓄…「将来のお金」と「リスクに対応するお金」を区別する。


手取りの15%前後を目安として、貯蓄を二つに分けます。一方は将来のために当分使わない貯金に、もう一方は日々の生活で出遭うリスクに対応するための貯金にします。

 将来に向けたものについては、前述の「確定拠出年金」にしましょう(詳細は「ライフジャイロ(25)~確定拠出年金(個人型DC)の正しい始め方~」を参照)。手数料は取られますが、控除によりそれよりも遙かにまさる税金の戻りにより高利回りの効果があります。また、貯蓄だけでなく投資信託の選択肢も準備されており、個人の判断で柔軟に運用できるようになっています。さらに60歳到達まで原則解約不可ですから、確実にお金を残すことができます。民間の「個人年金保険」に加入するくらいなら、こちらの方が断然有利です(詳細は「ライフジャイロ(40)~個人年金保険のトリセツ③~」を参照)。
 確定拠出年金の唯一のデメリットである解約不可が気になるなら、明治安田生命「じぶんの積立」をおすすめします。詳細は「ライフジャイロ(39)~「税制優遇」は高利回り商品~」で既述ですが、5年間の積立保険なので生命保険控除を受けながら積立貯金ができ、万一の解約時にも払い込んだお金が100%返ってくるノーリスク商品です。まずは5年間積立の練習をしてから、確定拠出年金に移行するといった方法も一考の価値があります。
 もう一方で、リスクに対応するためのお金も積み立てておく必要があります。日々の生活の中では思わぬ出費を迫られることも少なくありません。数万円で済むくらいのリスク回避のつもりで少しずつお金を残しておくことが大切です。ですから無理に定期預金などにせず、機動力重視で通常貯金や普通預金にしましょう。わずかな金利差の有利不利は考えなくてよいです。


 手取り20万円として、将来のお金に1万円、リスクに対応するお金に1万5千円~2万円を割り振ってみてはいかがでしょう。貯蓄で大切なことは残高を増やすことではなく、手取りの決まった割合を使わない生活に慣れる意識を身につけることです。最初からがんばり過ぎて日常の生活が潤わなければ意味がありません。そのためには毎月~万円ではなく、手取りの~%で貯蓄額を決めていくといいと思います。

  カテゴリーTOPへ

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-22 09:26 | 高校生からのファイナンシャルプランニング | Comments(0)
2017年 10月 21日

過去問のツボ押し~控除~

2017年5月2級学科試験より
d0334173_07212501.gif

 この問題は、単に正解の「2.雑損所得」を選んでもらうものではなく、所得控除と税額控除のちがいが分かっているか、税額控除の主なものをきちんと押さえているかをたずねているものです。


 所得控除…税金を計算するときに差し引くもの
 税額控除…計算された所得税額から差し引くもの


計算前が「所得控除」、計算後が「税額控除」ということです。まずはこれが基本です。


 「3.外国税額控除」は既に「税額」の言葉が含まれていますから、真っ先に除外できます。「4.住宅借入金等特別控除」は通称「住宅ローン控除」のことで、これが税額控除であるというのは重要な基礎知識です。知らないと源泉徴収票を正しく読めない等実務にも大きく影響します。詰まるところ「1.配当控除」か「2.雑損控除」で迷うかもしれません。


 配当控除…配当所得の10% or5%の税額控除


 配当控除とは、総合課税を選択した場合、確定申告により税額控除を受けることができる制度で、通常は配当所得の10%分が控除されますが、課税総所得金額等(納税予定額)が1,000万円を超えると、超過額に対して配当所得の5%分を差し引くものです。
  

課税総所得金額…1,200万円  配当所得…300万円

・1,200万円-1,000万円=200万円1,000万円の部分)…5%
300万円200万円(1,000万円超の部分)=100万円1,000万円以下の部分)…10%
 ∴配当控除の金額=200万円×5% + 100万円×10% = 20万円


控除対象に「配当所得」が出てくるため、勘違いしやすい部分です。ですが配当控除について上記のようにきちんと押さえていれば、消去法で「2.雑損控除」を選ぶことができます。単純な用語選択問題のように見えますが、必要な基礎知識を巧みに問う良問と言えます。

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-21 07:35 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2017年 10月 19日

過去問のツボ押し~健康保険~

2017年5月2級学科試験より
d0334173_22231635.gif

 健康保険に関する問題ですが、ずいぶん細かい所まで言及した設問文が並び、本番の緊張した雰囲気ではまともに読んでいると焦るかもしれません。ですがこの問題が求めているものは、退職後の「任意継続保険者」の要件に関する正しい知識です。(正解:4


 ・健康保険に継続してヵ月以上加入
 ・退職後0日以内に申請
 
この要件により、退職後年間、退職直前の健康保険に加入することができます。


 問題には決め手になる部分があります。今回の問題の1、2、3は参考書によっては掲載されていなくても、4の「任意継続保険者」に係る”2がつく数字”の要件は必ず取り上げられているものですから、当然失投は許されません。またこの「任意継続保険者」に関する出題例は過去枚挙にいとまがなく、実務でも即答を求められる重要基礎知識です。この知識を問うために、本問題では絶妙に細かい部分の出題を列挙して検定らしく構成したと言えるでしょう。ですから、「協会けんぽの扶養者条件」「介護保険料率」「標準報酬月額等級」を深く掘り下げる必要はありません。合格のため、また限られた時間の中では、決め手以外のボール球にはあれこれかまわないことです。 

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-19 19:56 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2017年 10月 18日

高校生からのファイナンシャルプランニング(11)~確定拠出年金(iDeCo)~

d0334173_19034508.gif
 リタイア後の生活を支える「ネンキン」は、正しくは老齢年金といいます。年金保険料を支払っていれば誰もが受給できる老齢基礎年金に、会社員等は老齢厚生年金が上乗せされます。しかし30年、40年後の世の中はどうなっているかは誰も知ることはできません。つまり老齢年金だけで大丈夫と断言できないということです。
 これからは将来のネンキンを自分で積み立てる時代です。ですから給料をいただけるようになったら早い時期からそれに取り組んでください。国もその点を心得ていて、それに見合った制度を用意しています。それが「確定拠出年金」。通称iDeCo(イデコ)です。(確定拠出年金のやり方については「確定拠出年金(個人型DC)の正しい始め方」を参照してください。)

 将来のネンキンのためにお金を積み立てる場合に、単に貯金するよりも確定拠出年金の制度を使ったほうが遙かに有利になります。

 小規模企業共済掛金…全額控除

 確定拠出年金としてお金を積み立てると、「小規模企業共済掛金」として1年間に積み立てた金額すべてを所得から控除してくれます。社会人当初の所得税率はおよそ20%くらいとして、月1万円1年間(12ヵ月)拠出する(積み立てる)と

 1万円×12ヵ月×20%(0.2)=24,000円

サラリーマンなら年末調整でこれだけのお金が戻ってきます。見方を変えると1年間12万円の積立貯金をして2万4千円の払い戻しを受けていることになります。言ってみれば年20%の積立貯金をしていることと同じですね。これを単なる積立貯金で行っても、控除はないので100円にも満たない利子が付くだけです。
 給料からどれくらいこういった貯蓄に回せばよいか迷うところですが、家のローンなどがないうちは手取りのうちの15%くらいは欲しいところです。例えば手取り20万円だったら2万5千円はないものとして生活する習慣を付けるといいのではないでしょうか。最初はそのうちの1万円はこの確定拠出年金に当て、残りを通常の貯金に回すのが理想的です。その貯金を含めた貯蓄については次稿で言及します。

  カテゴリーTOPへ

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-18 19:16 | 高校生からのファイナンシャルプランニング | Comments(0)
2017年 10月 16日

保険の解剖学(14)~終身医療保険 フレキシィS~

d0334173_18251442.gif
保険商品名
 終身医療保険 フレキシィS[シンプルタイプ](メットライフ生命)

商品の内容
 基本の医療保証を厳選しシンプルにパッケージした医療保険

特徴
 従来の基本保証をシンプルにまとめつつ、「短期入院」「七大疾病」といった現在の医療スタイルにも対応している。また、5年間に所定の条件を満たせば「健康祝金」5万円が受け取れる特約も用意されている。

この保険のキモチ
 現在の医療に対応するには、最低限どんな保証があればいいのかを考えた医療保険。従来の基本保証のみを希望する人、時代にあった充実医療を希望したい人など、それぞれのライフスタイルに対応した保証設計ができる。

契約へのふるまい
 この保険のCMを見た人は、まず「健康祝金」に目が行くでしょう。これは5万円の健康祝金特約を付けた場合の「W~プラン」での話。40歳男性で入院5,000円のシンプルコースで比較すると、

 WDプラン(祝金あり)2,727円
 Dプラン(祝金なし) 2,102円

その差額625円で祝金を積み立てる仕組みです。5年間で10日以上の入院がない場合に5万円が受け取れるわけですから

 625円×12ヵ月×5年=37,500円

の積立金に12,500円を上乗せしてもらえる計算になります。ですがよく考えてみるとそのお金はかけ捨てた保険料の一部です。健康に過ごしたのにお金が返ってこないことに抵抗を持つ人が少なからずいるため、こういった特約が用意されているのでしょうが、保険はあくまで掛け捨てが基本。保険に貯蓄性まで求めること自体無理があります。
 誰でもできれば入院などしたくないもの。ならば特約に支払う部分は人間ドックなどに当て、健康とリスクのバランスを取った方がよいのは言うまでもありません。

  コンテンツに戻る

[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-16 18:31 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 10月 15日

過去問のツボ押し~FP業務~

2017年9月2級学科試験より
d0334173_06554944.gif

FP業務は大きく2つにまとめておきます。

 
 ・説明業務…「説明した」「解説した」「提示した」
 ・協働業務…「証人」「後見人」「提携


 今回の過去問では、「説明」という言葉をきちんと拾えるかがカギと言えます。(正解1)


2017年5月2級学科より

 ファイナンシャル・プランナーの顧客に対する行為に関する次の記述のうち、関連法規に照らし、最も不適切なものはどれか。

1.税理士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのAさんは、顧客から配偶者控除と配偶者特別控除の適用要件を聞かれ、無償で所得税法の条文等を示しながら一般的な解説をした

2.弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのBさんは、一人住まいである顧客の要請に応え、委任者を当該顧客、受任者をBさんとする任意後見契約を公正証書で行った。

3.社会保険労務士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのCさんは、顧客から老齢基礎年金の繰下げ支給をした場合の年金額を聞かれ、66歳から70歳までの間に繰下げを行った場合の年金額を試算し、説明した

4.司法書士資格を有しないファイナンシャル・プランナーのDさんは、住宅ローンを完済した顧客の抵当権の抹消登記に関し、申請書類を作成して登記申請を代行した

 
 逆のパターンですが、拾うべき言葉は同じです。(正解4)


 過去問の学習では、押さえるべきポイントが必ずあります。やみくもに知識を増やすだけでは、ひねった設問に対応できません。

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2017-10-15 09:14 | 過去問のツボ押し | Comments(0)