覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 15日

過去問のツボ押し~民法で定める親族等~

2017年9月2級学科試験より
d0334173_21014369.gif

 親族等に係る民法の規定からの出題は、球種の多い投手のごとく様々な角度から攻めてきます。ですがそれら一つ一つていねいに対応する必要はなく、おさえるべきポイントだけをしっかり固めておいて、後はちょっとしたコツを使って残りの「ボール球」をうまく見極めるような学習をすることが効率的です。


ポイント1

 親族=「6親等内の血族」、「配偶者」、「3親等内の姻族」


まずこれが基本中の基本です。対象となる人と血がつながっている人が「血族」、配偶者側の血族は「姻族」になります。民法では上記3つの範囲を親族と定めています。加えて「~親等」の数え方も理解しておきましょう。


対象の親族にたどり着くまでに家系図の縦の線(図の赤線)を何回通るかを数えれば親等が分かります。したがって実父母、義父母、子は1親等になります。配偶者は縦の線を通らないので親等はありません。あえて言うなら「0親等」です。


(2018年1月2級学科試験より)
・本人からみて、配偶者の姉2親等姻族であり、親族である。(→適切)


ポイント2

特別養子縁組・・・実父母との親族関係が終了(養子は養父母のみの相続人)


一方で、特別養子縁組ではない(普通養子縁組)場合は、実父母と養父母双方の親子関係になります。(養子は養父母および実父母両方の相続人)


離婚に関する出題への対応
 離婚した一方について財産分与が請求できるかできないかを問うものがほとんどで、「できる」という方向で考えれば正誤が判断できます


(2017年5月2級学科試験より)
・協議上の離婚をした者の一方は、離婚の時から1年を経過した場合、家庭裁判所に対して、財産分与に係る協議に代わる処分を請求することができない


「離婚後でも一定の条件が備われば財産分与を請求できる」ということを引き出したい意図で問題を作成するとすれば、出題者は「請求できる」という方向になるように正誤を設定するのが自然です。そうでないとあえて問題として採りあげる意味がなくなります。したがってこの問題文は中間部分を読まなくても不適切だと判断できます。本来は「2年を経過すると請求できないが、問題は「1年を経過」とあるので不適切」というのが正しい解答です。しかしながら検定への知識装備のためにここまで細かい内容を記憶しておく必要はないということです。


子の相続に関する出題への対応
 平成25年9月から、嫡出子と非嫡出子の法定相続分は同等となったことにより、子はどんな形であれ親の認知があれば同じように扱うという方向で考えれば正誤の区別がつきます。離婚に関する出題の時と同じように「子であれば相続分は同じである」という方向で正誤を設定すると考えれば、問題文4.にある「嫡出子の2分の1」といった相続分に差がつく(同じではない)ような記述は不適切と判断していきます。


 民法が絡む出題では細かい規定をいろいろ引っ張り出して問題文に混ぜてくることが多いですが、正解を拾うのに全てを相手にする必要はありません。本問題はこの手の出題の基礎事項をすべて含んでいますから、最小の努力で得点力を上げるには最適です。

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2018-05-15 18:32 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2018年 05月 12日

過去問のツボ押し~不動産の売買契約~

2018年1月2級学科試験より
d0334173_11023483.gif

 不動産の売買契約に関しては、時系列(契約→引渡前→引渡後)を追ってポイントを整理しておくと理解しやすくなります。それに伴って出題でも多少の表現の違いはあれ、尋ねてくる部分はほぼ決まっています。

(1)契約手付(契約、契約履行)
 不動産の売買契約段階では、「手付金」の扱いが中心となります。契約を結ぶときは、買主は売主に手付金の名目でお金を渡すことになっています。このお金は何らかの理由で契約を解除(解約)するための担保金のようなものですが、いったん契約が履行されてしまうと解約できなくなるところがポイントです。勘違いを誘うために「建築に着手後…」ではなく、問題文2.のように「買主が売買代金の一部を支払った後でも…」といったお金に関する表現を絡めて聞いてきます。併せてこの契約履行を見落として「手付金の倍額を償還することにより…」の空々しい誘導に惑わされないようにしましょう。契約履行前なら、買主からの解約は手付金を「全額放棄」、売主からの解約は手付金の「倍額償還」になります。


(2)危険負担(建物の引渡前)
 契約履行後、買主は建物が引き渡される前に、火災、地震等によって建物が滅失した場合でも、売主に代金の全額を支払わなければなりません。これが「危険負担」と呼ばれるもので、売主の過失がない場合は別途契約がない限り買主が契約の責任を負うというものです。


(3)瑕疵担保責任(建物の引渡後)
 「瑕疵」とは欠陥のこと。また「担保」は保障という言葉に置き換えると分かりやすいと思います。建物が引き渡された後何らかの欠陥(瑕疵)が見つかった場合、売主はその欠陥に対する過失の有無にかかわらず責任を負う(保障する)のが「瑕疵担保責任」です。


 瑕疵担保責任=損害賠償、または契約解除(買主が瑕疵を発見してから年以内)

「1年以内」の部分も出題対象になるのでしっかりおさえておいてください。なお問題文1.の内容については2級検定では範囲外ですのであえて触れる必要はありません。


 (正解:2.「解除することができる」→「解除することができない」)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2018-05-12 11:11 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2018年 05月 08日

過去問のツボ押し~個人年金保険(税制)~

2017年1月2級学科試験より
d0334173_18242112.gif

 個人年金の税制に関する出題には、「保険料控除」「年金の課税」「死亡給付」の3つについて知っておけば事足りるでしょう。

(1)個人年金保険料控除の要件(個人年金保険料税制適格特約)

 この要件をすべて満たさないと、一般生命保険控除の対象となってしまいます。また「変額個人年金保険の保険料は、無条件で「一般生命保険料控除の扱いになるので注意してください。

(2018年1月2級学科試験より)


(2)年金の税制上の扱い

 ・毎年年金で受取り・・・所得 
 ・一括で受取り・・・一時所得
   
年金」と言ったら雑所得、と覚えておいていいです。ただし個人年金(民間の個人年金保険)を一括で受けとってしまうと一時所得として課税されます。個人年金の問題ではしばしば登場する部分です。

(3)死亡時の給付金及び年金受給権の取扱い
 ・年金受取前に死亡した場合は、生命保険と同じ扱いになります。


 「契約者(=保険料負担者)被保険者および年金受取人は同一人の個人」なので、問題文3.は上の表の「パターン1」に当てはまります。(死亡給付なので、年金受取人はいません。)

 
 ・被保険者死亡による未払いの年金受取り(年金受給権)については、本問題のように 「契約者(=保険料負担者)、被保険者および年金受取人は同一人の個人」であれば、自身の死亡により遺族に自分の年金受給権を残すことになるので、相続税として課税されます。
 一方、契約者が夫でと年金受取人が妻のように、契約者と年金受取人が異なる場合は、契約者から年金受取人への贈与と見なされ、贈与税が課せられます。年金受給開始時点で契約者から年金受給の権利を受贈したことになるからです。


(2017年5月2級学科試験より)


(正解:2.<一時所得 → 雑所得>)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2018-05-08 18:24 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2018年 05月 05日

過去問のツボ押し~個人年金保険(商品性)~

2017年1月2級学科試験より
d0334173_08120921.gif

 個人年金保険は、年金の受け取り方によって契約のスタイルが分類されています。一つ一つを見ていくのではなく、相対するキーワードを押さえながら区別することによって理解が深まり、確実な暗記につながります。


「終身…」と「有期…」
 「終身」を「無期」に置き換えると分かりやすくなります。年金支払い終了時がいつなのかというだけのことです。
 
終身…「無期」なので被保険者死亡時
有期…「限がる」ので契約期間終了時

 
問題を解く上では、「保障期間」と「確定」のキーワードの方が重要です。


「保障期間付」 …保証期間中なら死亡後も契約継続
「保障期間なし」…死亡時点で契約終了
「確定」…生死を問わない


問題文1.
「終身」(無期)なので死亡時点で契約終了ですが、「保障期間中に死亡」のため保障期間までは契約は継続され相続人は年金を受けとることができます。

問題文2.
「有期」の契約期間中ですが「保障期間のない…年金」なので死亡時点で「契約終了」となり、年金の支払いも終了します。

問題文3.
確定…」なので契約期間終了まで無条件で年金の支払いが行われます。


 なお、問題文4.の変額個人年金については、払い込む保険料の運用成果によって年金額や解約返戻金が変動するものとだけ理解しておけば十分です。

 (正解:2.<受けとることができる→受けとることができない>)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


[PR]

by fp2-kojiro | 2018-05-05 08:23 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2018年 05月 01日

謝食道(44)とんかつや~岐阜県本巣郡北方町~

 所用あって国道21号を西に向かい、長良川を渡る橋を下りる頃時計を見るとちょうど昼時にふさわし時刻になっていた。時間に追われていたわけでもないため、国道から外れ当てもなく市内をうろうろすることに。その日の気分は揚げ物だったせいか、そのものズバリの「とんかつや」の看板を見つけ、車を駐めた。とんかつ屋さんにしては意外な店内のレイアウトに最初は戸惑ったが、岩塩で食べるあぐー豚のとんかつは、午後のひとときを幸せにしてくれるメニューだった。

 戌卯月某日「とんかつや」(岐阜県本巣郡北方町高屋白木1-15)
d0334173_11483131.jpg


 →home

[PR]

by fp2-kojiro | 2018-05-01 15:40 | Comments(0)