人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 15日

ライフジャイロ(50)~保険の「配当付」「無配当」とは~

d0334173_11315097.gif
 生命保険のパンフレットや広告に「配当付」とか「無配当」の言葉を目にすることがあります。この配当とは、文字通り保険会社から契約者に一定の条件で支払われるお金のことです。


 保険会社は、性別や年齢ごとの死亡率予定死亡率)、集めたお金を運用したときの利回り予定利率)、会社運営の必要経費予定事業費率)をもとに、各商品の保険料を算出しています。


 これら3つの予定率はあくまで「予定」なので、必ずしも実際の数字とは一致しないのは当然です。その結果状況によっては、保険料と実際に支払われた費用に差額が生じます。例えば予定死亡率で見込まれた死亡者数が実際には少なかったり(死差益)、運用成績が良好であったり(利差益)、経費削減がうまくいった場合(費差益)、保険料から「剰余金」(支払われなかった費用)が生まれます。保険会社はこの剰余金を財源に契約者にお金を払い戻すことになります。これが「配当」です。


 余ったなら会社の資産にしたらいいのではという疑問を持つ方もいるかと思いますが、保険制度には「収支相等の原則」があり、契約者が払い込んだ保険料と保険会社が支払う保険金とが等しくなるように保険料を計算しているため、余った差額は契約者に払い戻す(配当)ことになっています。


「配当付」の保険は、その差額を含めて計算しなければならないため、「無配当」の商品よりも保険料は高くなります。ですが会社の業績や景気の動向によっては、当初の予想よりも多くの配当を得ることが可能と考えれば、一種の金融商品のような性質も併せ持っていると言えるでしょう。「配当付」か「無配当」どちらを選ぶか、その判断は契約する側にあることはいうまでもありません。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-15 11:38 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 12月 08日

過去問のツボ押し~普通借家契約~

2017年1月2級学科試験より
d0334173_09285709.gif

 借地借家法についてのポイントは”FP試験<急所28>借地借家法②~「普通…」~ ”以降で既述のとおりです。問題文1.はその一つで、契約の方法自由なので「書面」でなくても「効力を有し」ます。さらにその中で最も狙われる「急所中の急所」と呼べる箇所があります。



普通借家契約に関する出題では好んで引っ張り出される決まり事です。”FP試験<急所28>借地借家法②~「普通…」~ ”で示したとおり、「普通…」ですから借り主に有利な内容となります。問題文2.は「10ヶ月(=1年未満)」の部分を巧みにひねった出題に仕上げています。


問題文3.は、不動産になじみがないと誤りやすい内容です。まずは次の用語をしっかり確認しておきましょう。

 人=入居者(家を借りる人、借り主)
 人=大家さん(家を貸す人、貸し主)


正当な事由をもって更新を拒絶するのは、家を貸している人、すなわち大家さんの方です。一方で家を借りている入居者が更新を拒絶するときには「正当な事由」は必要ありません。「普通…」ということで借りている人の方が有利なのはここでも同じです。


問題文4.はやや細かい内容ですが、抱き合わせでよく出題されます。「物権を取得した者」すなわち大家さんが変わっても、以前からの入居者は引き続き借り主として入居を継続できるというもの。これも”「普通…」=「借り主有利」”から来ていると理解しましょう。


 (正解:4.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-08 23:23 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2018年 12月 02日

保険の解剖学(18)~新フリープラン10倍保障型~

d0334173_09381950.gif
保険商品名
 新フリープラン10倍保障型(かんぽ生命)


商品の内容
 10倍型特別養老保険


特徴
 死亡保障と満期金を兼ね備えた貯蓄型生命保険


この保険のキモチ
普通養老保険では、死亡保障に対する保険料が高額になりがち。この保険では、より少ない保険料で死亡保障に備えることができる。加えて入院保障、手術保障などの医療保障部分も特約で追加することができる。また、満期金には配当金がプラスされる。


契約へのふるまい
 この保険の基本はあくまで「死亡保障」であり、医療部分の保障(入院、手術等)は特約、つまりオプションだと考えてください。郵便局で配布されているチラシには、月々の保険料と医療部分が先に書かれているので、ともすると医療保険と勘違いしてしまうので注意が必要です。
 さてそのチラシに書かれた代表セールス例は大まかに次の通りです。


 加入年齢 25歳
 保険期間 20年(45歳満期)
 保険料 2,240円

 死亡保障(基本保障)200万円(事故災害時 400万円)

 (特約部分
 入院保障3千円/日(入院初期費用保障 1万5千円)
 手術保障 6万円(外来手術保障 1万5千円円)
 放射線治療保障 3万円


2,240円の保険料を満期(20年)まで支払った場合の総額は、


 2,240円×12ヶ月×20年=537,600円


ここから20万円(配当金を除く)の満期金を差し引くと

 537,600円-20万円=337,600円
 337,600円÷12ヶ月÷20年≒1,406円


つまり月々約1,400円の掛け捨て医療保険を払いつつ、死亡満期(保険期間中に死亡したとき)には生存満期(20年後も生きている場合)の10倍保障の200万円(事故災害死では400万円)を得られる20万円の積立保険をしていることになります。

 20年後に20万円の満期保険金ということは、年1万円を積み立てしているということ。1万円あれば定期的な人間ドックの費用に当てることもできます。事故災害は防ぎようがないとしても、健康を維持管理することで死亡や重病罹患の確率は格段に減少するとすれば、あえて保険に頼らず貯蓄と健康保険で前向きなリスク管理もありということです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-02 09:49 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)