人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 21日

過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~

2019年9月2級学科試験より
過去問のツボ押し~公的年金(各種給付)~_d0334173_16323632.gif
 公的年金の給付に関する出題ですが、まずは「加給年金」をしっかり覚え込みましょう。

 「加給年金」は厚生年金に関わるものですが、年金受給者になったときの特定の家族に対する手当のようなもので、現役時代の扶養手当のイメージでとらえてください。検定試験では、受給要件の被保険者期間について問われます。

 加給年金の受給要件
 65歳未満の配偶者、または18歳到達年度末日までの子(概ね高校生)がいる。
   ※障害等級1級または2級の未婚の子は20歳未満

 
・厚生年金の被保険者期間=20年以上

以前は老齢年金の受給資格期間は25年でしたが、平成29年8月より10年に短縮されました。問題文1.はそのことに関するものですが、加給年金の出題では被保険者期間をこの25年にすり替えることで誤答を引き出す手法がしばしば見受けられます

 問題文4.の遺族厚生年金に関する出題ですが、これも老齢年金の受給資格期間短縮を巧みに盛り込んだ内容となっています。

 遺族年金の長期要件
 老齢年金の受給期間が25年以上

被保険者期間に死亡すれば、短期要件として遺族年金が給付されます。一方長期要件では、例えば老齢年金の受給期間25年以上を満たして脱サラした場合が考えられます。その方が亡くなったときは、遺族基礎年金に加えて遺族に遺族厚生年金が支払われるということです。

問題文中では、この25年を10年に置き換え、いかにも受給条件を満たしているかのように見せかけていますが、10年に短縮されたのは老齢年金だけで、遺族年金の方は25年のままであることをしっかりおさえておきましょう。

 問題文3.の寡婦年金は、国民年金に関わるもので、被保険者が受給資格期間の「10年以上」を満たしたまま年金を受け取らずに死亡した夫の妻に支給される年金のことです。

 寡婦年金のポイント
 ・婚姻期間10年以上
 ・夫死亡時の妻の年齢が65歳未満(年金を受給していないこと)
 ・受給期間・・・妻が60歳から65歳に達するまで

なお、”FP試験<ツボ5>区別しておくとよい年金名”も合わせて参照して、知識整理に役立ててください。

 (正解:4.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2019-12-21 17:00 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2019年 12月 15日

過去問のツボ押し~雇用保険の高年齢雇用継続給付~

2018年5月2級学科試験より
過去問のツボ押し~雇用保険の高年齢雇用継続給付~_d0334173_08433293.gif
 雇用保険には、特定の人に対して雇用継続を促す制度があります。特に大切なのが今回の問題にある「高年齢雇用継続給付」に関するものです。

 ◎「高年齢」=60歳以上65歳未満の雇用保険被保険者
  ・「雇用継続基本」=雇用保険(失業保険)の基本手当を受給しない
  ・「再就職」=雇用保険(失業保険)の基本手当を受給した後

まず上記の表現をしっかり理解しましょう。続いて受給の要件を整理しておきます。

 受給要件
 ・雇用保険被保険者期間…
 ・60歳以降の賃金×75% < 60歳時点の賃金

以上の要件を満たす場合、賃金の最大15%が支給されます。仕上げに給付金の内容を押さえます。



「高年齢再就職給付金」の方は、雇用保険の基本手当を受給してからの給付なので残日数が関わってくると理解しておけばすっきり整理できると思います。

 問題文3.は細かい部分からの出題ですが、今回は基本的な内容であるその他の問題文を理解できれば消去法で正解として選ぶことができる問題です。改めて掘り下げる必要はありません。

 (正解:3.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2019-12-15 09:03 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2019年 12月 11日

Into the "FP道"(FP道へようこそ)

FP道Into the \"FP道\"(FP道へようこそ)_d0334173_16110331.jpg

・検定をパスしてファイナンシャルプランナーになる。
・人生を自分で判断する部分を多くする。
・本当の豊かさとは何か真剣に考える。
・自分の守備範囲のものを求めている人の役に立つ。

 ~contents~
 ◇FP試験の急所・ツボ
 ◇過去問のツボ押し
 ◇外道FPのライフエコロジー
 ◇Break Time(FPの昼休み)
 ◇高校生からのファイナンシャルプランニング 

 ◇最新投稿記事(2020.1.3)↓ ↓ ↓








by fp2-kojiro | 2019-12-11 22:31 | Comments(2)
2019年 12月 07日

過去問のツボ押し~企業の財務諸表~

2017年5月2級学科試験より
過去問のツボ押し~企業の財務諸表~_d0334173_12061650.gif
 企業の財務に関する問題では、まず「流動資産」の部分をおさえましょう。

流動資産とは、1年以内に現金化できる資産を指します。さらにその中で最も速く現金化できるものを「当座資産」として分類します。

 流動資産のポイント
 ・現金や預金に加えて「売掛金」が含まれる。
 ・「当座資産」には商品(製品)は含まれない

売掛金とは、一定の期日までのまとめ払いのことです。企業の取引では日々大量の商品が行き来しますが、そのたびごとにお金を支払っていては効率が悪くなってしまいます。そのため支払期日を決めてまとめ払いし、商活動をスムーズにする「掛け」を行っています。売掛金はその際のお金で、通常なら期日までに現金化できる見込みがあるので流動資産と見なします。

一方「商品」は、他と比べると売れ行きによっては現金化するのに時間がかかります。そのため、当座資産から外れます

 次に流動負債と固定負債についてですが、どちらも借金なので返済期間があります。問題文2.のとおり、「返済期間1年」で区別します。流動資産に続き、ここも基本の一部です。

 続いて問題文3.の「流動比率」とは、流動負債に対してどれだけ資産を確保しているかを見るもので、この数値が大きいほど財務は安全だと判断できます。

 流動比率=流動資産/流動負債×100

これが「当座比率」になると、上表の「商品」300万円を差し引いた流動資産、すなわち「当座資産」で計算することになります。

 当座比率=当座資産/流動負債×100

どちらもこの類いの出題対象になりますから、しっかり理解しておいてください。

 消去法で行けば、問題文4.が不適切となり、自己資本比率=自己資本/総資産×100(200/1,200×100)だったというのがこの問題の結論となります。ただ財務諸表に関する問題では、あくまでも流動資産に関する正しい理解が基本だということは間違いありません。

 (正解:4.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2019-12-07 12:26 | 過去問のツボ押し | Comments(0)
2019年 12月 01日

過去問のツボ押し~地震保険控除~

2017年9月2級学科試験より
過去問のツボ押し~地震保険控除~_d0334173_15465960.gif
 地震保険料控除については、まず2つのことをしっかり押さえておきましょう。

 ・保険料全額が控除対象で最高万円(住民税は2万5千円)
 ・火災保険は控除対象外

以前は火災保険を含めた損害保険料控除がありましたが、2006年の税制改正により、火災保険は対象から外れ地震保険料控除となりました。地震保険は単独で加入することはできないため、年末調整または確定申告において必ずこの知識が必要になります。当然ここが基本です。ここがあやふやだと、実際の場で正しく判断することができません。

 また、保険料については一括で支払った場合、「一括払保険料÷保険期間(年)」で毎年の控除額を算出することになっています。問題文4.はそのことに関するものです。

 問題文1.についてですが、店舗を含む住宅の場合は、居住用部分の部分に当たる保険料が対象となります。生活居住空間の補償によるものと考えられます。なお、居住用部分が90%以上の場合は保険料全額が控除対象となります。

  (正解:1.)

  カテゴリーTOPに戻る

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2019-12-01 15:56 | 過去問のツボ押し | Comments(0)