人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:保険の解剖学 ( 19 ) タグの人気記事


2019年 02月 02日

保険の解剖学(19)~ 米ドル建一時払養老保険 ~

d0334173_13344923.gif
保険商品名
 米ドル建一時払養老保険(明治安田生命)


商品の内容
 5年ごと利差配当付一時払特別養老保険(指定通貨建)


特徴
 保険期間中の死亡保険金額を基本保険金額(災害死亡時は1割増し)まで抑えることで、保険期間終了後生存時の満期保険金額を大きくしている。一時払いの保険料は米ドルに換えて運用(ドル建て)し、保険金の受取りも基本的に米ドルで行う。


この保険のキモチ
 国内金利が低迷する中、金利が高く世界の基軸通貨と言われる米ドルで運用することで多くの顧客が満足できる資産形成を目指す商品。「保険」という名がついていますが、一時払いであるためれっきとした「金融」類似商品です。まずここを理解しておきます。また、当初の保険期間終了後は最長10年間の据え置き可能期間を設定し、受け取りのタイミングに幅を持たせています。

契約へのふるまい
 外貨建て商品は国内金利があまりにも低いため魅力的に見えますが、慣れていないと扱いがとても難しく、リスク管理と為替相場に対する適切な判断を必要とします。これらはすべて契約者または保険金受取人の責任となります。会社はアフターフォローの一つに「MYライフアドバイザー」なる者が相談に乗ってくれるような言及をしていますが、「最終的に判断をするのは契約者であるお客さんであり、当社は損失については責任を負いかねますよ」という姿勢は変わりません。ですから契約する場合は、通貨相場についてある程度のレベルまで知識を有し、保険を手放すタイミング(解約のタイミング)を見極める判断力が必要です。

 こういった外貨建ての商品をはじめとする投資による資産運用の難しさは、なんと言っても手放すタイミングです。そもそも相場というものが誰も先を正確に予想することはできない以上、どこで手放すのがベストなのかを知ることは不可能だということを再確認すべきでしょう。もしこの商品のセールスに出会った場合は、「なぜ今このタイミングでドル建てがおすすめなのか、その根拠となるものは何か」ということをまず目の前の保険募集人に尋ねてください。そこで納得のいく説明がなければ契約すべきではありません。

 また外貨建てというだけでお金を増やすことばかり考えがちですが、損失を最小限に食い止めるためにあえてマイナスのまま手放さなければならない時(損切り)だってあるのです。保険期間に加え10年の据え置き期間まで設定しているのは、「20年待ちますからじっくり考えてください。その代わりタイミングはそちらで決めてくださいね。当社は責任を持てませんから」ということです。そのため運用資金も20年くらい使い道がなく、損失が出ても生活に影響の出ないものということになります。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2019-02-02 13:42 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 12月 02日

保険の解剖学(18)~新フリープラン10倍保障型~

d0334173_09381950.gif
保険商品名
 新フリープラン10倍保障型(かんぽ生命)


商品の内容
 10倍型特別養老保険


特徴
 死亡保障と満期金を兼ね備えた貯蓄型生命保険


この保険のキモチ
普通養老保険では、死亡保障に対する保険料が高額になりがち。この保険では、より少ない保険料で死亡保障に備えることができる。加えて入院保障、手術保障などの医療保障部分も特約で追加することができる。また、満期金には配当金がプラスされる。


契約へのふるまい
 この保険の基本はあくまで「死亡保障」であり、医療部分の保障(入院、手術等)は特約、つまりオプションだと考えてください。郵便局で配布されているチラシには、月々の保険料と医療部分が先に書かれているので、ともすると医療保険と勘違いしてしまうので注意が必要です。
 さてそのチラシに書かれた代表セールス例は大まかに次の通りです。


 加入年齢 25歳
 保険期間 20年(45歳満期)
 保険料 2,240円

 死亡保障(基本保障)200万円(事故災害時 400万円)

 (特約部分
 入院保障3千円/日(入院初期費用保障 1万5千円)
 手術保障 6万円(外来手術保障 1万5千円円)
 放射線治療保障 3万円


2,240円の保険料を満期(20年)まで支払った場合の総額は、


 2,240円×12ヶ月×20年=537,600円


ここから20万円(配当金を除く)の満期金を差し引くと

 537,600円-20万円=337,600円
 337,600円÷12ヶ月÷20年≒1,406円


つまり月々約1,400円の掛け捨て医療保険を払いつつ、死亡満期(保険期間中に死亡したとき)には生存満期(20年後も生きている場合)の10倍保障の200万円(事故災害死では400万円)を得られる20万円の積立保険をしていることになります。

 20年後に20万円の満期保険金ということは、年1万円を積み立てしているということ。1万円あれば定期的な人間ドックの費用に当てることもできます。事故災害は防ぎようがないとしても、健康を維持管理することで死亡や重病罹患の確率は格段に減少するとすれば、あえて保険に頼らず貯蓄と健康保険で前向きなリスク管理もありということです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-12-02 09:49 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2018年 11月 23日

保険の解剖学(17)~SBIいきいき少短の死亡保険~

d0334173_09490306.gif
保険商品名
 SBIいきいき少短の死亡保険(SBIいきいき少短)


商品の内容
 少額短期保険による死亡保険


特徴
 手頃な保険料とシンプルな保証を基本に日々の暮らしに役立つサービスを選択可


この保険のキモチ
できるだけ保険料は抑えたいが、万一の場合に残された家族の負担を少しでも減らしたいと考える人への死亡保険。加入者の約8割は保険料の安さでこの保険を選んでいる。しかも保証内容は「死亡」に限定されているため、保険の内容もわかりやすい。


契約へのふるまい
 手頃な保険料でシンプルな保証内容となるこの保険は「少額短期保険」と呼ばれるものです。簡単に言うと、保険期間が1年で、1人の被保険者(保険に入る人)から引き受ける保険金額の合計が原則1,000万円以内掛捨て保険のことを指します。そしてそれを販売する事業者のことを「少額短期保険業者」といいます。通常の保険会社は、破綻時に契約者を保護するため「保険契約者保護機構」という法人への加入が義務づけられていますが、少額短期保険業者や共済(県民共済等)には加入義務はありません。したがって販売業者が破綻した場合は、払い込んだ保険料はほぼ回収不可と考えるべきです。こういった理由から短期の保険期間で少額の保険料を設定しているわけです。

 とはいえ少し引っかかるのが、加入者の8割が手頃な保険料でこの保険を選んでいるという点。保険はあくまでリスクへの備えであり、保証内容が今の生活に本当に必要なのかをまず第一に考えるべきです。つまり向こう1年間のライフプランを見通さないまま保険料が手頃というだけで契約すれば、安心料にお金を支払うまさに「掛け捨て」になってしまいます。
 保険は本来「掛捨て」が原則ですが、それは払う保険料に見合う保証と引き替えでなければ意味がありません。手頃な保険料というだけで加入しているとすれば、ギャンブルで確率の極めて低い目にお金を投じて失うのと同じことです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2018-11-23 09:54 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 12月 02日

保険の解剖学(16)~ メディカルKit R ~

d0334173_23233199.gif
保険商品名
 メディカルKit R(東京海上日動あんしん生命)


商品の内容
 医療総合保険(基本保障・無解約返戻金型)健康還付特則付加(無配当)


特徴
 所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち、使わなかった保険料分を「健康還付給付金」として受けとることができる医療保険。なおかつ、給付金の受取後は契約時と同じ保険料で保障を継続できる。


この保険のキモチ
 多くの医療保険は掛け捨てが主流。もし入院給付金等の受け取りがなければ保険料がもったいないと考える人のために開発された商品。基本保障(主契約)を入院日額と手術、放射線治療に絞り、そこに「健康還付特則」を加えることで貯蓄性を持たせ、所定の年齢までの払込保険料と給付金との差額(給付金がない場合は全額)を払い戻す仕組みを構築している。またがんや特定疾病入院等の保障は特約として付加することもできる。さらに所定の年齢以降も同じ保険料で保障を継続できるので、高齢期は高くなりがちな保険料の負担を軽くしてくれる。長く健康を維持しさえすれば、安い保険料で入院のリスクと少額の死亡保障を得ることができる。


契約へのふるまい
 パンフレットの表紙に「あなたの人生に使わなかった保険料が戻ってくる保険」と明記されているように、この保険の最大のウリは掛け捨てではなくまとまったお金が戻ってくるという点でしょう。30歳男性で最も安い「入院保障5,000円」タイプ(特約無し)で60歳健康還付給付金受取とした場合、月額は3,399円。健康還付給付金は1,182,600円 となります。保険料も手ごろながら使わなかった保険料まで戻ってくるのですからお得のようですが、保障は控えめ。お金が戻ってくると言っても、保障を補う場合の特約分は還付金の対象外です。つまり戻ってきたお金は、同額の保険料で保障の厚い商品との差額とも考えられます。しかもほとんどの場合契約はその後も続く(保険料を払っていく)わけですから、終身で考えればどんな場合でも全額が戻ってくるわけではないということです。したがって、保障は必要最低限でよいから掛け捨ては避けたいと考える方に向いています
 ただ60歳までの総払込保険料の1,182,600円で仮に入院給付だけで考えると、236日入院可能です。医療の進歩によりがんでさえ通院が多くなった今、これほどの入院保障が必要か考える必要があります。健康を維持して「保険料が戻ってくる」という目標と十分すぎる入院保障を備えることとは相対するもので、保険に入る意味を見いだせません。医療の基本保障は公的健康保険(3割負担、高額療養費制度)ですから、払い込む保険料分を貯蓄に回して備えても大病や大けがを繰り返さなければ十分対応できます。保険は本来自分の経済スケールで対応できないリスクをカバーするものなのであくまで掛け捨てが原則であり、貯蓄性まで求めること自体無理があるのです。また、生命保険料控除(介護医療保険料控除)の対象となるのは、基本的に健康還付特則付加(払い戻しの部分)を除いた部分だけになります。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2017-12-02 23:30 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 11月 26日

保険の解剖学(15)~ がん保険 ダブルエール ~

d0334173_14335937.gif
保険商品名
 がん保険 ダブルエール(ライフネット生命)


商品の内容
 無配当・無解約返戻金型がん保険


特徴
 従来のがん診断一時金を主契約に、ニーズに合わせて「治療サポート給付金」「がん収入サポート」「がん先進医療給付金」の追加保障が用意されている。また、保険料は終身払いのみながら、他の同類商品では特約扱いになることの多い「がん診断後保険料免除」が主契約に含まれているため、実質がん診断までの払込と考えてよい。


この保険のキモチ
 昨今の医療技術の進歩により、がん治療は一時的に専念するものものから継続的につきあうものへと変化していることに着目し、主契約に次ぐ「治療サポート給付金」(月1回給付、回数無制限)を設定してます。この保障を選択しないと「がん収入サポート」「がん先進医療給付金」などの保障を選択することができないことから、主契約+「治療サポート給付金」というのが基本プラン。そこから個人のニーズに合わせて主契約のみのシンプルタイプ、収入サポートも加えたプレミアムタイプも用意している。


契約へのふるまい
 がん保険の主契約は「がん診断一時給付金」で、入院、手術といた保障を組み合わせるのが主流でした。しかし近年は必ずしも入院手術が必要ではなくなり、通院による治療も多くなりました。そういったことを踏まえて考えられた保険ですから、あくまで「がん診断一時給付金」が主契約ですが、「治療サポート給付金」が主軸であることは明らかです。契約するならこの保障が自分に必要かどうか検討しましょう。一方で一時給付金のみの契約であるシンプルタイプは、既に「三大疾病保証保険(または特約)」に加入していて、がんへの保障を厚くしたい方のためのものと言えます。加入中の保険との保障のバランスを考えて給付金(100万円~300万円、50万円刻み)を設定しましょう。
 総合的に見ると、この保険はシンプルでありながら、時代の変化に合わせた保障を選びやすくしたものと言えます。しかし「治療サポート給付金」は月10万円1回給付が終身無制限ですが、手術または放射線治療において「医療行為を開始した日と終了した日が異なる診療行為については、その開始した日に診療行為が行われたものとして取り扱」われます。簡単に言うと、診療が始まった月と終了した月が違っても、月10万円の給付金は診療開始月のみの給付だということです。こういった細かい点も納得した上で契約に望むのが好ましいと思います。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2017-11-26 14:57 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 10月 16日

保険の解剖学(14)~終身医療保険 フレキシィS~

d0334173_18251442.gif
保険商品名
 終身医療保険 フレキシィS[シンプルタイプ](メットライフ生命)

商品の内容
 基本の医療保証を厳選しシンプルにパッケージした医療保険

特徴
 従来の基本保証をシンプルにまとめつつ、「短期入院」「七大疾病」といった現在の医療スタイルにも対応している。また、5年間に所定の条件を満たせば「健康祝金」5万円が受け取れる特約も用意されている。

この保険のキモチ
 現在の医療に対応するには、最低限どんな保証があればいいのかを考えた医療保険。従来の基本保証のみを希望する人、時代にあった充実医療を希望したい人など、それぞれのライフスタイルに対応した保証設計ができる。

契約へのふるまい
 この保険のCMを見た人は、まず「健康祝金」に目が行くでしょう。これは5万円の健康祝金特約を付けた場合の「W~プラン」での話。40歳男性で入院5,000円のシンプルコースで比較すると、

 WDプラン(祝金あり)2,727円
 Dプラン(祝金なし) 2,102円

その差額625円で祝金を積み立てる仕組みです。5年間で10日以上の入院がない場合に5万円が受け取れるわけですから

 625円×12ヵ月×5年=37,500円

の積立金に12,500円を上乗せしてもらえる計算になります。ですがよく考えてみるとそのお金はかけ捨てた保険料の一部です。健康に過ごしたのにお金が返ってこないことに抵抗を持つ人が少なからずいるため、こういった特約が用意されているのでしょうが、保険はあくまで掛け捨てが基本。保険に貯蓄性まで求めること自体無理があります。
 誰でもできれば入院などしたくないもの。ならば特約に支払う部分は人間ドックなどに当て、健康とリスクのバランスを取った方がよいのは言うまでもありません。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2017-10-16 18:31 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 07月 30日

保険の解剖学(13)~ながいき物語~

d0334173_11331891.gif
保険商品名
 とんちん年金『ながいき物語』(第一生命)

商品の内容
 5年ごと配当付生存保証重視型個人年金保険


特徴
 年金受取前(満期前)の死亡保障や解約返戻金を抑えて年金額を大きくした個人年金保険


この保険のキモチ
今後平均寿命が上昇し、長生きする人が多くなることを見越して、その生活費をサポートしましょうというのがこの保険の特徴。約80%の人が公的年金だけでの生活に不安を持っているという「生命保険文化センター」の調査をもとに、長生きしても安心してもらうことを重視した商品内容となっている。


契約へのふるまい
 この保険の財政基盤となるものが「トンチン性」と呼ばれるものです。ごく簡単に説明すると、亡くなった保険加入者への年金保証分を、生存する加入者に分配すること。言わば生き残りゲームのようなもので、長生きすればするほど得をする仕組みにすることで保証額を大きくしています。ですがあくまでも「長生き」が原則。例えば55歳加入で年金開始年齢が70歳とすると払込期間は15年。月額保険料は54,000円で10年保証期間付終身年金(10年間は生死に関わらず給付、以後終身給付)で契約した場合、年金額は50万1,900円で月額にすれば41,825円。保険料控除などを考慮せず数字だけで見れば、15年間月々54,000円払って、年金として月々41,825円を受け取る計算になり、元を取るためには89歳以降も生きる必要があります
 また貯蓄性の高い商品の性質上、どうしても保険料が高額になります。60歳以降も10年間保険料を支払わなければならないのですから、再雇用での収入や退職金の活用を視野に入れて、減収入期間でも払込が可能なのかを判断しましょう。
 加えて万一年金受け取り前に死亡した場合は払込総額の70%しか戻ってきませんし、解約の場合もほぼ同様に返還率が下がります。これは長生きを前提とした商品なので仕方のないところです。

  コンテンツに戻る



by fp2-kojiro | 2017-07-30 11:39 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 07月 02日

保険の解剖学(12)~新総合収入保証~

d0334173_17522651.gif
保険商品名
 新総合収入保証(三井住友海上あいおい生命)

商品の内容
 所得補償保険を付加できる総合収入保証保険

特徴
 働けなくなったときも、万一のときも一定生活費を確保できる保険

この保険のキモチ
家族の「大黒柱」の万一に備えるには定期保険が一般的です。しかも一定期間(一般的には10年)保証額が同一です。ところが実際には子どもの成長に合わせて必要保証額は減少していきます。この保険は保険金を年々減少させる代わりに定期保険よりも合理的な保険料に設定し、保険金も収入のように毎月受け取る(一括受取も可)タイプになっています。また、基本保証内容の死亡・高度障害に加えて、「障害介護」や「就労不能」の場合の保証も用意されており、ガン診断時および心疾患、脳血管疾患での入院の場合に以後の保険料が免除になる(保険金の受け取りは死亡・高度障害になってから)特約も付加できます

契約へのふるまい
 収入保証保険はライフステージに合った保証が得られるため、見直しもほとんど不要で定期保険よりもお得な感じがします。しかし保証額が減少するため、将来の見通しに合わせて保証額を正確に設定する必要があります。例えば子どもの大学卒業までの保証で設定していて、海外留学や大学院進学を希望した場合は他の方法で対応することになります。また大きな金額が必要になり保険金の受け取りを一括にしてしまうと、受取額が一定額減少してしまいます。加えて「非喫煙」「BMI値」「安全運転者基準」などの条件によって保険料に大きな差が出るのも収入保障保険の特徴です。総合的に考えると、「長い保険期間」(保険料が安くなる、必要保障額が間違えにくい)と「健康体」(保険料が安くなる)といった条件が揃えば契約にふさわしい状況と言えるでしょう。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2017-07-02 18:00 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 06月 27日

保険の解剖学(11)~楽天生命あんしんプラスがんサポート~

d0334173_20521414.gif
保険商品名
 楽天生命あんしんプラスがんサポート(楽天生命)

商品の内容
 がんの備えにフォーカスした医療保険

特徴
 がん診断給付金を保証する医療保険

この保険のキモチ
 医療保険の主契約は入院給付金であり、保証は入院が前提。ところが最近では医療の進歩により入院は短期化傾向にあり、一方で通院での治療が増えている。このことはがんに関しても例外ではなく、そうなると従来の入院給付金による保証はいざというときに役立たなくなる。この保険はそこに着目(フォーカス)し、従来の入院給付を1回入院あたり5万円の一時給付スタイルにしてケガや病気にもある程度備えつつ、代わってがん診断給付金100万円(最低保証額)を設定。さらに先進医療給付金も付帯し、がんに対する保証を厚くしている。

契約へのふるまい
 これだけがん保証を厚くしているのだから「がん保険」じゃないの?と思われる方もいるかと思います。ですががん保険になると、入院給付金初日から日数無制限という条件がつきます。保証をがんに限定してしまうと、ケガやその他の疾病による入院には全く対応できなくなってしまうため、この保険は入院給付金を一時金5万円給付にして「医療保険」扱いとしています。日額5,000円の入院給付なら10日分。入院短期化傾向と高額療養制度を考えて保証をスリム化する代わりに、がん診断給付金最低100万円と先進医療給付2,000万円を付帯し「がんに特化した医療保険」を実現しています。
 さて、こういった医療保険を検討する場合はまず保険料の支払総額を算出し、自分が望む医療保障に当てはまるかを確認することが大切です。例えば40歳女性でがん診断給付金100万円の場合の保険料は終身払いで2,787円。支払総額は80歳まで生きるとして2,787円✕12ヵ月✕41年=1,371,204円になります。この金額で納得できる保証なのかよく考える必要があります。単純に考えればがんに2回罹患すれば十分元を取れる計算になりますが、がん罹患でもあくまで公的保険診療が基本。保険適用外の自由診療には給付金を超える経済負担がのしかかると同時に、誰もが巡り会えるわけではありません。先進医療についてはさらにその確率は低くなります。安心だけで契約していざという時に後悔しないよう、将来のライフスタイルをしっかりイメージし、伴うリスクへの保証として妥当な「掛け捨て」なのかを検討することが大切と言えます。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2017-06-27 22:33 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)
2017年 06月 17日

保険の解剖学(10)~SBI損保のがん保険~

d0334173_11210015.gif
保険商品名
 SBI損保のがん保険(SBI損害保険)

商品の内容
 自由診療を含めたがん治療費用保険(5年自動更新)

特徴
 保険診療だけでなく先進医療や自由診療の実費も保証する「実損てん補型」のがん保険。

この保険のキモチ
 国内のがん治療のほとんどは保険適用ですが、場合によっては保険外診療を選択できるチャンスに巡り会えることもあります。ただそれには全額自己負担のため高額な経済負担が必要となってきます。そこで従来の保険診療を含め、先進医療や自由診療といった保険適用外のがん治療費も含めて保証しましょうというのがこの保険のメインテーマ。

契約へのふるまい
 この保険の主契約はあくまで「入院保証」「通院保証」であり、多くのがん保険の主契約である「がん診断給付金」は付帯扱いとなっています。また、保険診療(保険証を使った治療)の場合は、高額療養制度で給付された金額を差し引いた保険金の支払いになっています。つまり一時金の「がん診療給付金」のオプション化や、公的保険の「高額療養制度」との重複保証を避けること、さらにインターネットを利用した諸々のコスト削減により、高額保証にもかかわらずかなり良心的な保険料を実現しています。例えば50歳男性で入院通院保険金のみの契約の場合は、月々の保険料は1,950円。5年間で約12万円の負担で幅広いがん治療のリスクに備えることができます。さらにこの保険は5年自動更新ですが、保険料の上昇差額は1,000円以下であり、ここにも企業努力がうかがえます。
 ただし「自由診療」は会社が認めたもののみであり、「先進医療」についても厚生労働大臣が定める医療機関のみとなっています。契約する場合には自分の生活圏内の状況に合わせてこの点を確認しておく必要があるでしょう。
 また自由診療の既述には「公的医療保険制度にて保証されるべき金額を含めた全額が支払対象」とあり、あたかもあらゆる治療費全額が賄われる印象を受けますが、自由診療と保険治療は併用することができません。つまり、診療開始の際に会社が認めた自由診療の治療を選択し、そこで必要とされる入院、麻酔、などの保険診療部分を含めて保険金をお支払いしますよという意味です。したがって、当初は保険診療で治療をしていて途中から自由診療を選択したり、保険診療で可能な治療をあえて自由診療とするなど、一般的に認められない全額自己負担の形には一切保険金は支払われないことを知っておきましょう。

  コンテンツに戻る


by fp2-kojiro | 2017-06-17 11:32 | 外道FPのライフエコロジー | Comments(0)