人気ブログランキング |

覆面ファイナンシャルプランナーのFP道

maskedfp.exblog.jp
ブログトップ

タグ:急所 ( 59 ) タグの人気記事


2016年 05月 21日

FP試験<急所37>小規模宅地等の評価減の特例

d0334173_16021676.gif 被相続人が残した居住用または事業用の宅地を相続すると、場合によっては相続課税が高額になる場合があります。相続税は現金一括が原則のため、納税資金を用意できないと居住や事業を継続できなくなってしまうことになり、相続人の生活に大きく影響を与えます。相続とはやや荒い見方をすれば、納税者自身の意図しない所で築かれた財産に対して課税価格を算出されてしまうため、このようなことが起こります。これを救済するのが「小規模宅地等の評価減の特例」制度です。あくまで「相続税」のためのものであり、贈与税には適用されないのが前提です。問題文の口車に乗らないよう、第一歩をしっかり踏みつけておきましょう。

 覚えるべき内容は、減額割合と限度面積の表です。


①まず、減額割合を覚える。

 「特定~」の条件下なら、8割(80%)負けてくれる。「貸付~」になると賃料が入る分約半分の5割(50%)の割引率に下がるんだなと覚えます。

特定事業用宅地等の限度面積を思い出す。

 「はちご、しじゅう(40)」で特定事業用宅地等(表の真ん中の部分)の限度面積40㎡を思い出します。

残りの限度面積を思い出す。

 ”00”をもとに、上へ”330”、下へ”00”と数字を振って思い出します。

 こういった内容を無理に暗記すると、本番の緊張下ではちょっとしたことで迷ったり、数字を混同してしまいます。暗記への過度な依存には自ずと限界が有るので、それをカバーするのは思い出す技術です。

  FP試験の急所・ツボ


by fp2-kojiro | 2016-05-21 16:39 | FP試験の急所・ツボ | Comments(7)
2016年 05月 05日

FP試験<急所36>贈与税の基本事項

d0334173_08403868.gif 贈与税は相続税の場合と同じように、加算分と減産分を相殺して課税価格を算出します。

贈与税の計算
  
①みなし贈与(加算)
 代表的なものは生命保険の満期保険金です。FP試験<急所9>生命保険金と課税関係で既述のとおりですが、簡単に言えば契約者(保険料を払う人)と被保険者(保険をかけられる人)以外の人が受け取ると贈与とみなされ、贈与税が課税されるということです。他には「低額譲受」(時価よりも低い価格で譲り受ける)、「債務免除」(借金を免除してもらう)も贈与と見なされます。

②非課税財産(減算)
 ・一般的に必要な生活費、教育費
 ・社会通念上範囲の慶弔費、見舞金等
 ・法人からの贈与(→所得税)
 ・相続開始年に被相続人から受け取った贈与財産(→生前贈与加算 = 相続税)

※贈与税は「延納」のみ可(物納は不可)。要件は相続税の場合と同じ。

  FP試験の急所・ツボ


by fp2-kojiro | 2016-05-05 09:17 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2016年 04月 29日

FP試験<急所34>相続税のポイント①~申告と納付~

d0334173_11041772.jpg 相続税に関する出題は、ある程度ポイントが決まっていますので対策が立てやすい箇所です。決められた数字をしっかり覚えるのがコツです。まずは納税に関する部分を押さえておきましょう。

1)相続税申告の原則

  相続、遺贈(遺言による財産の移転)によって財産を取得した場合

2)申告期限
  相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヵ月以内

3)申告が不要な場合

 ・相続財産が基礎控除以下である。(原則基礎控除額をはみ出た部分が相続税の対象)
 

4)納付税額0円でも申告が必要な場合

  「※配偶者の税額軽減」や「小規模宅地等の特例」の適用を受ける場合

※相続財産が1億6,000万円以下、または配偶者の法定相続分相当額以下は相続税がかからない措置。

 数字を押さえるとともに、基礎控除額を超えた部分が課税され、特例を適用したいときは申告して税務署に知らせる必要がある、と大まかに理解しておくと本番の解答で間違えにくくなります。

 相続税のポイント②~税額2割加算~に続く


by fp2-kojiro | 2016-04-29 16:00 | FP試験の急所・ツボ | Comments(3)
2016年 04月 29日

FP試験<急所35>相続税のポイント③~延納、物納~

d0334173_15260492.jpg 税金は「現金一括納付」が原則ですが、相続税はその性質上、相続人自身のよるところ以外の財産で課税額が算出されるため、相続人の財産状況によってはそれが不可能な場合があります。このため相続税については「延納」と「物納」の方法も認められています。検定試験ではほぼ必出の項目ですので、基礎知識を固めて備えておきましょう。

1)「延納」と「物納」の関係
 納税はあくまでも”金銭一括納付”ですので、税務署は金銭納付を求めてきます。なのでまずは「延納」が先に来ます。

2)延納
 延納は平たく言えば相続税の分割払いです。したがって、延納期間は最高20年で、期間中は利子税がかかってしまいます。延納期間は一般的な貸付の「借入期間」、利子税は「利息」にあたります。

 延納の条件
 ・金銭一括納付が困難である
 ・相続税額が10万円超
 ・延納申請書を期限までに提出する
 ・担保を提供する(延納額50万円未満 + 延納期間年以下 = 担保不要)

2)物納
 延納によっても納付できない場合、いよいよ「物納」になります。TV等で相続の話になるとよく登場しますが、あくまでも最終手段です。視聴する側には物納の内容ばかりが強調されるため、物納によって金銭を払わなくても済むと誤解されがちです。

 物納の条件
 ・延納による金銭納付が困難である
 ・物納申請書を期限までに提出する
 ・「相続時精算課税適用財産は対象外(物納に当てることができない

よく問われるのは、「延納期間が最高20年」、「相続時精算課税適用財産は物納に当てることができない」の部分です。

  FP試験の急所・ツボへ 


by fp2-kojiro | 2016-04-29 13:17 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2016年 04月 23日

FP試験<急所33>相続の課税価格①~算出のツボ~

d0334173_16414090.gif 相続する財産とは、現金や預金を含め金銭で換算できる物すべてを含みます。それを基に、生前に贈与された財産や生命保険と非課税財産や債務などを相殺して加算または減算し、相続税を計算する基となる「課税価格」を算出します。



検定では、相殺される財産の扱いについて頻繁に問われます。一つ一つ整理して覚えることになりますが、まず「ツボ」をしっかり押さえておくと暗記が楽になります。

 課税価格算出のツボ
 ・相続開始前後が計算対象
 ・贈与財産は相続時ではなく「贈与時」の価格で計算
 ・生前に購入した墓地の未払金は控除できない。

FP試験<急所33>相続の課税価格②~みなし財産~に続く


by fp2-kojiro | 2016-04-23 18:50 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2016年 04月 23日

FP試験<急所33>相続の課税価格②~みなし財産~

d0334173_17180836.jpg 相続における「みなし財産」とは、生前から存在した相続財産とは別に、被相続人の死亡によって得られた財産のことです。実例にそって必要事項を覚えてください。

1)生命保険の扱い
 相続税が高くならないよう非課税限度額が設定されています。


 
 「法定相続人」の数には、相続放棄した人も含めることに注意してください。しかしながら、相続放棄した人が受け取る保険金等にはこの非課税が適用されません。ここがややこしいところです。

2)死亡退職金の扱い
 非課税限度額は生命保険と同じです。



ただし条件があり、「被相続人の死後年以内に支給が確定したもの」が対象です。算出のツボの「3年」です。

3)弔慰金の扱い
 死亡退職金とは別に法人等から支給されるもので、死亡の原因によって限度額が違います。



主に仕事先から支給されるものなので、業務上の死亡時の方が優遇されます。「36ヵ月分」は、やはり算出のツボの「3年」です。

FP試験<急所33>相続の課税価格③~生前贈与財産~に続く


by fp2-kojiro | 2016-04-23 18:48 | Comments(0)
2016年 04月 23日

FP試験<急所33>相続の課税価格③~生前贈与財産~

d0334173_17594439.jpg 生前に贈与された財産は、条件によって相続財産に加算されます。

1)生前贈与加算
 被相続人が相続開始(死亡時点)前3年以内の贈与財産は、相続財産として加算されます。注意点は次の2点です。

 ・相続開始前年以内の贈与
 ・価格は贈与時の価格

 「算出のツボ」そのものです。

2)相続時精算課税制度による生前贈与
 生前に贈与したときの贈与税の代わりに、相続の時に相続財産として課税してもらう制度が「相続時精算課税制度」と呼ばれるものです。このことについては後述詳細を扱うため、ここでは簡単な説明にとどめておきます。

 ・贈与時に非課税とされた2,500万円分が加算対象
 ・価格は贈与時の価格

 ここでも「算出のツボ」が登場します。

FP試験<急所33>相続の課税価格④~非課税財産等~に続く


by fp2-kojiro | 2016-04-23 18:45 | Comments(0)
2016年 04月 23日

FP試験<急所33>相続の課税価格④~非課税財産等~

d0334173_18273852.jpg 社会通念を考慮し、相続財産から控除されるものがあります。前述の「生命保険等の非課税限度額」もその一つですが、検定でよく出題されるのが墓地の扱いです。いよいよ算出のツボ「墓地の未払い金…」の登場です。

死亡が原因で必要になったものが控除の対象となる
 この考えでとらえるとスッキリ理解できます。生前にお墓を買う契約を結ぶということは、生きているときの買い物と同じことなのでれっきとした相続財産です。一方、死後遺族が建てたお墓は、被相続人が死亡したことにより購入したものならば相続財産から必要なお金を使ったと考えられるため、相続財産から控除されるわけです。ただし、投機的なお墓(金製等)にすると、相続控除の趣旨から外れるため控除されません。

1)債務

 医療費や税金は、もし生きていれば金額が変わるものであり、死亡したことにより確定したと考えられます。一方遺言の執行費用は、遺言そのものが財産ではないため控除されないと理解しましょう。

2)葬式費用

 通夜と葬式に係る費用は、遺体を適切に取り扱う上で必要経費に認められますが、香典返しや初七日などの法要はあくまで慣習的なものであり、必ずしも行う必要があるわけではありません。そのため控除の対象にならないと考えましょう。

  FP試験の急所・ツボ


by fp2-kojiro | 2016-04-23 18:31 | Comments(0)
2016年 04月 17日

FP試験<急所32>遺言~種類と作成方法~

d0334173_11524991.gif 遺言の種類と作成方法のちがいについての出題は、多くは学科試験の選択肢に登場しますが、実技試験にも遺言のサンプルを基にした出題が見受けられます。基本的な出題が多い中、この遺言に関する実技試験ではひねったものが混ぜられることが多いようです。考えすぎて基本知識を見失わないようにしましょう。

1)遺言の基本

 ①満15歳以上で意志能力があれば誰でも作成できる。
  (義務教育を終える年で15歳になれば遺言は有効ということです)

 ②作成日が最も新しいものが有効
  (「自筆であれ、公正証書であれ、形式を問わない」というのがポイント)

2)遺言の種類


 まずは( )のコメントから赤字の部分を理解してそれぞれのちがいを確認してください。次に「証人」「検認」の部分ですが、まず

  証人…遺言を作成するときに立ち会う人
  検認…正式な法的手続きを行う(手続きをしてそれ以降の偽造を防止する)

と理解してください。特に「検認」ですが、遺言書の真偽を認めるものと思いがちですが違います。これを基に証人、検認の有無を区別することができます。(上表の太字の部分)

 ・「自筆~」は、自分だけが知っているので証人などあり得ない。→「証人不要
 ・「公正~」は、書面の作成は公証人が行うので、すでに法的手続きが済んでいる。→ 「検認不要

これだけ覚えておけば、後はすべて「必要」と判断すればよいことになります。

 2年ほど前、複数の男性に遺産相続を約束する遺言を求めていた女性容疑者の事件が報道されましたが、あの時脚光を浴びたのが「公正証書遺言」でした。もし事件が真実であれば、男性の遺産を手っ取り早く手に入れる方法として考えたのでしょう。

  FP試験の急所・ツボ


by fp2-kojiro | 2016-04-17 12:37 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)
2016年 04月 09日

FP試験<急所31>相続の基本①~相続人の範囲と順位~

d0334173_18005906.gif 相続での基本は、正確な知識で親族関係図を読み取ることです。2級、3級を問わず絶対必出部分であり、一回の検定で学科、実技両方に出題されることも珍しくありません。必要とされる力は、与えられる親族関係図を見ながら、必要な知識を正確に活用できるかです。

(基本1)「相続は、被相続人(死んだ人)の配偶者と血族のみ」
 配偶者は常に相続人で、それ以外は被相続人と血がつながっている人だけが相続対象者になれます。

 図中の「配偶者の弟」や「長女の配偶者」は被相続人と血がつながっていないので、この場合の相続では遺言がない限りどうやっても法定相続人になれないのです。

(基本2)「相続には優先順位がある」
 配偶者以外の血族は、「子」→「直系尊属(父母、祖父母など)」→「兄弟姉妹」の順番で相続人になります。

 ポイントは、上順位がいない場合にはじめて次の順位が相続人になることです。図中では被相続人と配偶者との間に子がいるため、父母や兄は相続人になれません。また養子も第1順位として扱います。

FP試験<急所31>相続の基本②~法定相続分」に続く


by fp2-kojiro | 2016-04-09 18:46 | FP試験の急所・ツボ | Comments(0)